RUF SCR 独自のカーボンモノコックを用いた超軽量マシン!

2020年3月11日他メーカーの新車情報スポーツカー

RUF SCR front

RUF新型SCRの市販バージョンを公開しました。
SCRは2018年のジュネーブモーターショーで発表されたモデルですが、ようやく生産にこぎつけたようです。

SCRは見た目こそポルシェ 911ですが、チューニングカーやレストモッド(レストア+モディファイ)ではありません。
それどころかシャシーすらポルシェとは別物です。
モノコックはRUFが独自開発したカーボンモノコックであり、サスペンションはプッシュロッド式となっています。

今回はRUF SCRの概要をご覧ください。


RUF SCRの概要

エクステリア

RUF SCR front
RUF SCR

RUF SCR  side
外観は964あたりの911そのものだが、中身は別物だ。

RUF SCR rear
市販バージョンのリア周りの写真が無いため、代わりに2018年に発表された画像。

目次に戻る

インテリア

RUF SCR interior
RUF SCRのインテリア

RUF SCR dashboard
丸いメーターが横一列に並ぶクラシカルなダッシュボード。

RUF SCR seat
シートは肩周りのサポートが大きく、スポーティーなデザインだ。

RUF SCR meter
タコメーターは1万回転まで刻まれている。スピードメーターは400km/hスケール!

RUF SCR pedal
ペダル類は質実剛健。カーボンモノコックがむき出しなのがかっこいい。

目次に戻る

シャシー

RUF SCR chassis

新型SCRは、ポルシェのプラットフォームに基づいていません。
自社製のカーボンモノコックが用いられています。

モノコックにはロールケージが統合されており、サスペンションはプッシュロッド式の電子制御ダンパーです。
ボディシェルもカーボン製であるため、車重は1,250kgしかありません。

目次に戻る

パワートレイン

RUF SCR  engine

エンジンは4.0リッター・水平対向6気筒ガソリン自然吸気を搭載しています。
最高出力は510ps / 8,270rpm、最大トルクは470Nm / 5,760rpmです。

トランスミッションはZF製の6速マニュアルで、後輪を駆動します。
0-100km/hのタイムは未公表ですが、最高速は320km/hだそうです。

目次に戻る

価格・発売日

新型SCRの開始価格は650,000ユーロです。
記事執筆時点のレート(1ユーロ=118.66円)で単純換算すると、およそ7,712.7万円となります。
ハイパーカー並のお値段ですが、カーボンを多用しているので高価なのは仕方がないところです。
RUFはSCRを年間15台のペースで生産するとコメントしています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath