アキュラ 新型TLX 専用プラットフォームで真のラグジュアリースポーツセダンに生まれ変わった

ホンダの新車情報Acura, セダン, ラグジュアリー

Acura TLX 2021

ホンダの高級車ブランドである「アキュラ」が、「新型TLX」を発表しました。
スタイリッシュなラグジュアリーセダンです。

今回は新型TLXの概要をご覧ください。


アキュラ TLX(MY2021)の概要

エクステリア

Acura TLX 2021 front
アキュラ新型TLX

Acura TLX 2021 side
4ドアクーペ的なフォルムが非常にかっこいい。

Acura TLX 2021 side
このボディカラーだとボディ側面の筋肉質な造形がわかりやすい。

Acura TLX 2021 wheel
ホイールは標準が18インチ、オプションで19インチ。

Acura TLX 2021 type s wheel
タイプSはNSXのホイールをインスパイアしたYスポークの20インチを履く。

Acura TLX 2021 rear
クアッドエキゾーストはタイプSのみ。ディフューザーと相まってとてもレーシーだ。

新型TLXは、昨年発表された「タイプSコンセプト」に忠実なデザインです。
ジュエルアイと呼ばれるユニークなLEDヘッドライトや、アキュラ車の象徴とも言えるダイヤモンドペンタゴングリルなど、アキュラの最新デザイン言語が用いられています。

車体側面はエッジの効いたシャープなデザインです。
ルーフラインはファストバック・クーペのようにスポーティーで、大きく張り出したリアフェンダーと合流してリアエンドを形成しています。

全長は4,943mm、全幅1,910mm、全高1,433mm、ホイールベース2,870mmという大柄なボディですが、引き締まったデザインのためか大きさを感じさせません。

目次に戻る

インテリア

Acura TLX 2021 interior
新型TLXのインテリア

Acura TLX 2021 steering wheel
DシェイプのステアリングはタイプS専用だ。

Acura TLX 2021 meter
最近の高級車としては珍しいアナログメーター。中央は7インチのマルチインフォメーションディスプレイ。

Acura TLX 2021 center console
センターコンソールにはNSX風のモード切り替えダイヤルが鎮座する。

Acura TLX 2021 touchpad
タッチパッドの手前にはリストレストが配置されている。

Acura TLX 2021 seats
シートはかなりスポーティーな形状。

「デュアルパーソナルコクピット」というコンセプトでデザインされています。
高いセンターコンソールと包まれ感の強いダッシュボードが、強く区切られた感覚をもたらすそうです。

パワーシートはサポートが大きく張り出したスポーティーなものですが、16wayもの調整が可能となっています。

センターコンソールのディスプレイは10.2インチです。
また、10.5インチのヘッドアップディスプレイも搭載されています。
インフォテイメントはTrue Touchpad Interfaceと呼ばれるタッチパッドで操作できます。

目次に戻る

シャシー

Acura TLX 2021

旧型TLXは、ホンダ アコードのアキュラ仕様でしかなかったのですが、新型TLXはプラットフォームからしてアコードとは異なります。

アキュラセダン専用プラットフォームを採用した新型TLXは、NSXを除く全アキュラ車の中で史上最高の剛性を誇るそうです。
ねじり剛性は50%アップ、サスペンション取付部などの局所的な剛性は最大100%もアップしています。

また、アルミニウムやプレス硬化鋼などの軽量素材を、車体重量の56%もの割合で採用し、軽量化も果たしました。

バッテリーはトランク内に配置し前後重量バランスを改善。
NSX用に開発されたエレクトロサーボブレーキ(ブレーキ圧を電気的に制御するもの)も装備されています。
ブレーキシステムはブレンボ製で、フロントは4potキャリパーです。

ホイールは標準が18インチ、オプションで19インチですが、TLX Type Sは20インチホイールを履きます。
タイヤは255サイズで、横方向のグリップが従来のものより20%も向上しました。

目次に戻る

パワートレイン

Acura TLX 2021

エンジンは2種類用意されています。
スタンダードモデルは、2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボです。
最高出力は276ps、最大トルクは380Nmとなっています。

Type Sは3.0リッター・V型6気筒ガソリンターボです。
最高出力などのスペックはまだ公開されていませんが、このエンジンの開発にはNSXのパワーユニットを開発したスタッフが関与しているとのことなので、パフォーマンスにはかなり期待できると思います。

トランスミッションはホンダが自社開発した10速ATです。
駆動方式はホンダが誇るトルクベクタリングAWD「SH-AWD」ですが、最新バージョンの第4世代にアップグレードされています。

第4世代のSH-AWDは、リアのトルク容量を40%増やし、フロントからリアへのトルク切り替えも30%速くなっているそうです。
通常走行時は70%のトルクをリアに配分します。
SH-AWDの特徴である、左右の後輪のどちらかだけに最大100%のトルクを配分できるシステムも健在です。
さらに、リアアクスルを連続的に2.9%オーバードライブさせることで、左右のトルク伝達によるヨーモーメントを増幅させ、より鋭いターンインを実現しています。

目次に戻る

運転支援システム

Acura Watch Suiteが全グレードに標準装備されています。
低速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや、交通標識認識機能、トラフィックジャムアシストなどが搭載されているので、おそらくホンダセンシングと同様のシステムでしょう。

また、助手席用エアバッグが改良されました。
キャッチャーミットのような3室構造で、乗員の頭部を包み込むように保護します。

目次に戻る

価格・発売日

Acura TLX 2021

新型TLXの価格はまだ公表されていませんが、開始価格は30,000ドル台半ばになりそうです。

米国では2020年秋から販売されます。
日本には導入されないでしょうが、魅力的な車だけに1度は乗ってみたいものですね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath