フォード マスタング マッハE 1400 プロトタイプ 1,400馬力のEVクロスオーバー!

他メーカーの新車情報EV, レーシングカー

Ford Mustang Mach-E 1400

フォードがEVクロスオーバー「マスタング マッハE」のレーシングプロトタイプを公開しました。
1,400hp(仏馬力だと1,419ps)を発生するモンスターマシンですが、リアシートはちゃんと付いています。

今回はマスタング マッハE 1400の概要をご覧ください。


マスタング マッハE 1400の概要

エクステリア

Ford Mustang Mach-E 1400 top front
フォード マスタング マッハE 1400

Ford Mustang Mach-E 1400 front
背の高さもワイドボディ化されているので気にならない。

Ford Mustang Mach-E 1400 dive plane
巨大なカナードはもはや凶器に近い。

Ford Mustang Mach-E 1400 front three quarter
フロントスプリッターのサイズは一般的なレーシングカー以上だ。

Ford Mustang Mach-E 1400 front fender
フロントフェンダーは複雑な形状をしている。

Ford Mustang Mach-E 1400 rear three quarter
クーペSUVなのでレーシーなエアロでも違和感がない。

Ford Mustang Mach-E 1400 top rear
前後のトレッド幅がかなり拡大されていることがわかる。

Ford Mustang Mach-E 1400 rear wing
リアウイングはこれまでに見たことがない大きさ。

Ford Mustang Mach-E 1400 rear
ディフューザーもデカイ。

目次に戻る

インテリア

Ford Mustang Mach-E 1400 interior
マスタング マッハE 1400のインテリア

Ford Mustang Mach-E 1400 console
縦置きのモニタは市販車と同じ。

Ford Mustang Mach-E 1400 unit
これは何かのコントロールユニットだろうか。

Ford Mustang Mach-E 1400 rear seat
後席にもバケットシートが付いているので、4シーターだ。

目次に戻る

パワートレイン

Ford Mustang Mach-E 1400

マスタング マッハE 1400は、なんと7つのモーターを搭載しています。
3つはフロントディファレンシャルに、4つはリアに取り付けられているそうです。
1本のドライブシャフトが前後のディファレンシャルを接続しています。
最高出力は1,419psです。

バッテリー容量は56.8kWhということで、1,419psのパワーを使える時間はわずかだと思いますが、瞬間的なパフォーマンスでは図抜けています。
時速160マイル(およそ257.5km/h)走行時のダウンフォース量は1トンに達するということですから、コーナリングパフォーマンスもかなりのものでしょう。
リアモーターへの電力を遮断するハンドブレーキシステムも搭載されているため、ドリフトのきっかけづくりも自由自在です。

また、マッハE 1400は電動パワートレインだけでなく、カーボンファイバーの代替品である有機複合繊維のテストベッドとしても使われます。
デビューはNASCARレースで行われるそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath