MINI JCWカントリーマンがフェイスリフト

2020年7月23日他メーカーの新車情報MINI, SUV

MINI JCW Countryman MY2021

MINIが、ジョンクーパーワークス(JCW) カントリーマンのマイナーチェンジモデルを発表しました。
先日のハッチバックに続くフェイスリフトです。
ちなみにMINIカントリーマンは、日本では「MINIクロスオーバー」という車名で販売されています。

今回は新型JCWカントリーマンの概要をご覧ください。


MINI 新型JCWカントリーマンの概要

エクステリア

MINI JCW Countryman MY2021 front
MINI ジョンクーパーワークス カントリーマン

MINI JCW Countryman MY2021 front three quarter
フロントグリルの赤い部分が減り、ヘッドライトは中身と縁取りが変わった。

MINI JCW Countryman MY2021 wheel
18インチホイールのデザインは変更無し。

MINI JCW Countryman MY2021 side
ドアハンドルはブラック塗装に変更された。

MINI JCW Countryman MY2021 rear three quarter
ミニというにはちょっと大きすぎるボディだが、利便性は高い。

MINI JCW Countryman MY2021 rear
マフラーは95φという大口径。

MINI JCW Countryman MY2021 taillight
ユニオンジャック柄のおしゃれなテールライトに変更された。

MINI JCW Countryman MY2021 rear bumper
リアバンパー下部の加飾もデザインが変更され、グロスブラック仕上げに。

フロント周りでは、ヘッドライト内部のLEDユニットが変更され、ヘッドライト周りの加飾がハイグロスブラック仕上げになりました。
ハイビームの可変配光などのマトリクス機能を備えたアダプティブLEDヘッドライトもオプションで用意されています。
また、グリルの赤い部分が少なくなり、シンプルなデザインになりました。

ドアハンドルはブラック塗装になり、テールライトはユニオンジャック柄に変更されています。
リアバンパーも形状変更され、下部にグロスブラックの加飾が追加されています。
モデルレタリングも新色です。

目次に戻る

インテリア

MINI JCW Countryman MY2021 interior
新型JCWカントリーマンのインテリア

メーターが5インチの液晶ディスプレイに変更されました。
また、センターコンソールのディスプレイを丸く囲むベゼルやコントロールパネルも、ピアノブラック仕上げに変更されています。

新型はSIMカードが標準装備となったため、オンラインサービスが常時利用可能です。
Apple CarPlayやAmazon Alexaの音声アシスタントにも対応しています。

目次に戻る

シャシー

MINI JCW Countryman MY2021 cornering

高精度なステアリングとスポーツドライビング時のコントロール性を確保するために、ボディ剛性が強化されています。
スポーティーなサスペンションやDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)、電気機械式ステアリングなどが装備されている他、アダプティブ・シャシーをオプションで選択することも可能です。

ブレーキはフロントに対向4ピストンキャリパー、リアがシングルピストンフローティングキャリパーとなっています。
ホイールはJCW製の18インチのライトアロイホイールです。

目次に戻る

パワートレイン

MINI JCW Countryman MY2021 cornering

エンジンやトランスミッションに変更はありません。2.0リッター・直列4気筒ターボは、最高出力306ps、最大トルク450Nmを発生します。
トランスミッションは8速ステップトロニック。
駆動方式はAWD(全輪駆動)です。

パフォーマンスは、0-100km/hが5.1秒、最高速は250km/hとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

欧州では2020年11月に発売されます。
日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath