テスラの秘密プロジェクト「パラジウム」 モデルSとモデルXに大幅なアップデート

テクノロジー・業界分析EV, テクノロジー

Tesla Model S 2017 White

テスラが「Palladium(パラジウム)」と呼ばれるプロジェクトを進めていることが明らかになりました。
モデルSとモデルXのアップデートや新しい生産ラインの構築など、かなり大掛かりなプロジェクトのようです。

今回はパラジウム・プロジェクトに関する最新情報をご覧ください。


テスラ パラジウム・プロジェクトの最新情報

生産ラインの更新

パラジウムプロジェクトの一環として、テスラはカリフォルニア州・フリーモント工場とネバダ州・ギガファクトリーの生産ラインを更新すべく、作業を進めています。

Tesla Giga Factory
テスラ ギガファクトリー

目次に戻る

モデルSおよびモデルXの更新

パラジウム・プロジェクトには、新しいバッテリーモジュールやドライブユニットの開発が含まれているようです。
これらは3モーター仕様のパワートレイン「Plaid(プレイド)」のベースとなります。

Tesla Model S Plaid
テスラ モデルS Plaid

また、バッテリーはテスラが独自に開発したものになるかもしれません。
テスラは独自のバッテリーセルを開発する「ロードランナー」と呼ばれるプロジェクトも進めており、より安価なバッテリーを大量生産しようとしています。
そのためにスーパーキャパシタメーカーのMaxwell社を買収しました。

また、パラジウムボディなるものも開発されているようです。
つまりモデルSとモデルXの更新バージョンは、ボディも新しくなります。

また、モデルSやモデルXのインテリアもリフレッシュされる予定です。

新型の登場時期

アップデートされたモデルSとモデルXは、テスラが9月15日に開催を予定している「Battery Day」にて発表される可能性が高いです。
Battery Dayは投資家向けのイベントで、バッテリーセルの生産ラインを見学するツアーが含まれています。
また、100万マイルもの寿命を持つバッテリーが発表されるかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath