MINIの1964年モンテカルロラリー優勝を記念する特別仕様車

BMWの新車情報MINI, ハッチバック

MINI Paddy Hopkirk Edition

MINIが1964年のモンテカルロラリーで優勝したことを記念する特別仕様車「パディ・ホップカーク・エディション」を公開しました。
パディ・ホップカークというのは、当時ラリーカーのステアリングを握っていたパトリック・”パディ”・ホップカーク氏のことで、車体には彼のサインがあちこちに散りばめられています。

MINI Paddy Hopkirk Edition
パトリック・ホップカーク氏。1964年のモンテカルロラリーで優勝した。

今回はMINI パディ・ホップカーク・エディションの概要をご覧ください。


MINI パディ・ホップカーク・エディションの概要

エクステリア

MINI Paddy Hopkirk Edition front three quarter
MINI パディ・ホップカーク・エディション

MINI Paddy Hopkirk Edition front
補助灯やストライプがラリーカーのイメージを踏襲している。

MINI Paddy Hopkirk Edition front top
37は1964年のモンテカルロラリーで優勝車が付けていたカーナンバー。

MINI Paddy Hopkirk Edition nose
ストライプにはホップカーク氏のサイン。

MINI Paddy Hopkirk Edition 33EJB
33EJBは優勝車が付けていたナンバープレート。

MINI Paddy Hopkirk Edition side
ホイールは17インチのJCW軽量アロイか、18インチの鍛造アロイを装着。

MINI Paddy Hopkirk Edition side scuttle
サイドスカットルにも37の加飾。

MINI Paddy Hopkirk Edition C pillar
Cピラーにはモンテカルロラリーのラリープレートを模したステッカー。

MINI Paddy Hopkirk Edition taillight
ユニオンジャック柄のテールライトの横にもサインが記されている。

37というのは、優勝したラリーカーのカーナンバーです。
ボンネットのストライプ上にある33EJBは優勝したラリーカーのナンバープレートなのだとか。
モンテカルロラリーのラリープレートを模したステッカーも貼られています。

目次に戻る

インテリア

MINI Paddy Hopkirk Edition dashboard
ダッシュボードにもホップカーク氏のサイン。

MINI Paddy Hopkirk Edition scuff plate
スカッフプレートにもサインが入っている。

目次に戻る

パワートレイン

MINI Paddy Hopkirk Edition

エンジンやトランスミッションは、ベースであるクーパーSもしくはジョン・クーパー・ワークスから変わっていません。
クーパーSが搭載する2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最高出力192ps・最大トルク280Nmを発生します。
JCWも同排気量のエンジンですが、最高出力231ps・最大トルク320Nmとより強力です。
トランスミッションはクーパーSが6速MTもしくは7速DCT、JCWは6速MTもしくは8速ATとなります。

目次に戻る

価格・発売日

MINI Paddy Hopkirk Edition

英国本国での価格は27,405ポンドからとなっています。

英国では既に販売されていますが、日本に導入されるかは不明です。
英国では限定100台とされています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath