スーパーレッジェーラ・エアロ3 アルファロメオをインスパイアしたコーチビルト

他メーカーの新車情報Carrozzeria Touring, スーパーカー

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3

イタリアのコーチビルダーであるカロッツェリア・トゥーリング(Carrozzeria Touring)が、アルファロメオをインスパイアした「スーパーレッジェーラ・エアロ3」というモデルを発表しました。
ベースとなっているのはフェラーリ F12ベルリネッタです。

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3

今回はトゥーリング スーパーレッジェーラ・エアロ3の概要をご覧ください。


スーパーレッジェーラ・エアロ3の概要

エクステリア

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3
スーパーレッジェーラ・エアロ3

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3 front
フロントマスクはアルファロメオをインスパイアしたデザイン。

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3 side
背びれが最大の特徴だが、空力的な効果は無いという。

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3 rear three quarter
キャビンが極端に絞り込まれているため、リアフェンダーのワイド感が強調されている。

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3 rear
リアウィンドウが無いのでインパクトは抜群。巨大なディフューザーも印象的だ。

大きな背びれ(シャークフィン)が特徴ですが、トゥーリングによると空力的な効果は無く、あくまで往年のトゥーリングを想起させるアイコンなのだそうです。最も効率的な車を作ることは目標としておらず、最も美しい車を作ることが目的なのだとか。

ボディワークはカーボン製なので、車体の全長が約178mmも増加しているにもかかわらず、車重は1,642kgに抑えられています。

画像の個体は、顧客の要望に応じてストラトスフィア・レッドに塗装されています。
19という車番は1938年のル・マン24時間レースに参戦したアルファロメオ 8C 2900B ベルリネッタ エアロディナミカ(この車両のボディもトゥーリングが製作した)にちなんだものです。そのためレースの雰囲気を感じさせる加飾が各部に施されています。

目次に戻る

インテリア

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3 interior
スーパーレッジェーラ・エアロ3のインテリア。ダッシュボードはベース車と同じに見える。

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3 console
センターコンソールはトゥーリング仕様に変更されている。

Carrozzaria Touring Superleggera Aero3 luggage
ヘルメット置き場も用意されている。

表皮や加飾はトゥーリング仕様に変更されていますが、ダッシュボードのデザインなど、基本的にはベース車であるF12ベルリネッタのデザインが踏襲されています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンやギアボックスの仕様は、F12ベルリネッタから変更されていません。
6.3リッター・V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最高出力740ps・最大トルク690Nmを発生します。
トランスミッションは7速DCTです。

パフォーマンスは、0-96km/hが3.1秒、最高速は340km/hとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

オーダーは既に受け付けています。
生産台数は限定15台で、3台が販売済みです。

価格は未公表ですが、こういう車は顧客の要望次第でいくらでも価格が変動するので、公式な価格はあって無いようなものでしょう。
ちなみに全ての車に2年間の保証が付くそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath