ホンダ 新型CR-V 洗練されたスポーツハイブリッドSUV

ホンダの新車情報SUV, ストロングハイブリッド

Honda CR-V 2023

ホンダ新型CR-Vを発表しました。
2リッターエンジン+2モーターのハイブリッドが搭載されています。

今回は新型CR-Vの概要をご覧ください。

Related Posts

新型CR-Vの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Front three quarter
ホンダ 新型CR-V

Honda CR-V 2023 Sport Touring Front
直立したグリルとシャープな薄型ヘッドライトが特徴だ。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Front corner
写真のグレードは「Sport Touring」だが、「Sport」グレードも同様のバンパーが装着される。

Honda CR-V 2023 Sport Touring EX Front corner
「EX」もしくは「EX-L」グレードはバンパー形状が異なる。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Rear three quarter
テールライトもリアフェンダーの張り出しを強調している。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Wheel
「Sport Touring」のホイールは19インチ。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Taillight
シグネチャーバーティカルテールライトというらしい。ユニークな形状なので、CR-Vだと一目でわかる。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Exhaust
マフラーフィニッシャーはちゃんと機能している。

Honda CR-V 2023 EX Rear three quarter
「EX」および「EX-L」のリア周りはシンプルなデザインだ。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,694
全幅(mm) 1,864
全高(mm) 1,692
ホイールベース(mm) 2,700
車重(kg) 未公表

数値は米国仕様のものです。全長以外はトヨタ RAV4とほぼ同じ数値となっています。全長がRAV4より1mほど長い分、ラゲッジスペース容量が倍近く大きい(RAV4: 542リッター, CR-V: 1,028リッター)のが特徴です。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Door inner
新型CR-Vのインテリア

Honda CR-V 2023 Sport Touring Dashboard
ダッシュボードはシビックに似たデザインだ。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Cockpit
メーターはフル液晶となっている。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Steering wheel
「Sport Touring」のステアリングは革巻きで、コントラストステッチも施されている。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Switch
ステアリングの左側にスイッチ類がまとめられている。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Console
セレクターレバーはシンプルなストレートゲート方式。

Honda CR-V 2023 Sport Touring HVAC
ハニカムメッシュのエアコン吹出口はシビックと同じだ。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Front seat
ボディスタビライザーシートは疲労を軽減し、スポーティーなドラポジを実現する。

Honda CR-V 2023 Sport Touring Rear seat
後席は頭上にも足元にも十分すぎるくらいスペースがある。

「EX」および「Sport」には、7インチのタッチスクリーンが装備されます。「EX-L」と「Sport Touring」は9インチです。
「Sport Touring」には12スピーカーのBOSEプレミアムオーディオシステムが標準装備されます。

ラゲッジスペース容量は、5名乗車時で1,028リッター。後席を倒せば2,166リッターまで拡大できます。

目次に戻る

シャシー

ホンダのグローバルアーキテクチャが採用されており、ボディのねじり剛性は先代比で15%も向上しています。また、ホイールベースとトレッド幅が広がったことで、乗り心地と安定性が向上しました。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンクとなっています。サブフレームの剛性アップにより、ハンドリングも向上しています。また、可変レシオのステアリングが採用されています。

タイヤは235/60 R18を装着していますが、最上級グレードの「Sport Touring」に限り235/55 R19を履いています。

目次に戻る

パワートレイン

「EX」および「EX-L」グレードには、1.5リッター・直列4気筒ガソリンターボエンジンが搭載されています。最高出力は193ps、最大トルクは243Nmです。
トランスミッションはCVTとなります。

「Sport」および「Sport Touring」グレードには、2.0リッター・直列4気筒ガソリン自然吸気エンジンと2つの電気モーターを組み合わせたハイブリッドパワートレインが搭載されています。最高出力は207ps、最大トルクは335Nmです。
また、ハイブリッドモデルに限り、ドライブモードで「Sport」が選択できます。

AWD(全輪駆動)システムは最新バージョンで、エンジントルクを最大で50%まで後輪に送ることが可能です。AWDはSport Touringに標準装備されており、その他グレードでもオプションで利用できます。

また、ヒルディセントコントロールが初採用されました。システムが細かく制御することで、滑りやすい急な下り坂をゆっくりと下ることが可能です。

目次に戻る

ADAS(高度運転支援システム)

ホンダセンシングが搭載されていますが、カメラが新しくなり、90°の広角カメラと120°のミリ波レーダーが採用されています。広角カメラは車両や歩行者だけでなく、白線、縁石、自転車、オートバイ、道路標識などの認識能力がアップしたことで、衝突防止性能が向上しています。
また、ブラインドスポットインフォメーションが標準装備となりました。

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

新型CR-Vは2022年夏に北米で発売されます。日本導入時期は不明です。もしかすると日本に導入されない可能性もあります。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath