MANHART GP3 F350 MINIジョン・クーパー・ワークスGPをさらにチューニング!

チューニングMINI, ハッチバック, ホットハッチ

MANHART GP3 F350

ドイツのチューナーであるMANHARTが、MINI ジョン・クーパー・ワークス(JCW) GPにさらなるチューニングを施した「GP3 F350」をリリースしました。

今回はMANHART GP3 F350の概要をご覧ください。

MANHART GP3 F350

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

MANHART GP3 F350 Front three quarter left
MANHART GP3 F350

MANHART GP3 F350 Front
外装の変更点はデカールやカラースキームだけだ。

MANHART GP3 F350 Front three quarter right
グリーンのボディカラーがかっこいい。

MANHART GP3 F350 Wheel
ホイールは8.5*19インチ。

MANHART GP3 F350 Rear three quarter
車高もローダウンされているが、下げ幅は少なめ。

MANHART GP3 F350 Rear wing
リアウイングもノーマルだが、サイズは十分に大きい。

MANHART GP3 F350 Exhaust
エキゾーストはREMUS製。

MANHART GP3 F350 Rear
MINIとは思えないほどの大迫力だ。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

MANHART GP3 F350 Dashboard
シリアルナンバーの刻まれた加飾パネルはノーマルのもの。

MANHART GP3 F350 Luggage
ストラットタワーバーにはMANHARTのロゴが追加されている。

画像は無いのですが、ステアリングやハンドブレーキ、シフトブーツなどがアルカンターラ製の専用品に交換されています。フロアマットもMANHARTオリジナルです。

目次に戻る

シャシー

サスペンションはオランダのスペシャリストであるAST製で、コイルオーバーダンパーとダウンスプリングの2種類が用意されています。
JCW GPの車高は元々低いため、フロントは20mmダウン、リアは15mmダウンに制限されています。

ホイールは19インチで、タイヤは235/30 ZR19というサイズです。

目次に戻る

パワートレイン

B48型2.0リッター・直4ガソリンターボエンジンは、ノーマルの306ps・450Nmから350ps・530Nmにパワーアップされています。
これはECUのリマッピングと、エアテック社製のインタークーラー、REMUS製エキゾーストの装着より達成されました。
ガソリン・パティキュレート・フィルターの交換パイプも含まれています。
エキゾーストにはフラップコントロールが装備されており、音量調整も可能です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath