ブガッティ ボリード(Bolide)パワーウエイトレシオ0.67のハイパーカー

2020年10月24日Bugattiの新車情報ハイパーカー

Bugatti Bolide

ブガッティがサーキット専用ハイパーカー「Bolide(ボリード, 隕石を意味する)」を発表しました。
パワーウエイトレシオ0.67というとてつもないスペックを持つハイパーカーのコンセプトで、シミュレーションではニュルブルクリンク・ノルドシュライフェを5分23秒1で周回できるのだそうです。

今回はブガッティ ボリードの概要をご覧ください。


ブガッティ ボリードの概要

エクステリア

Bugatti Bolide Front
ブガッティ ボリード

Bugatti Bolide Front three quarter
外観は完全にレーシングカーだ。

Bugatti Bolide Side
鍛造マグネシウムホイールはカバー付き。ルーフの低さにも注目。

Bugatti Bolide Top
塗装されているのは表面の40%だけだという。

Bugatti Bolide Rear top
リアウイングは320km/h走行時に1,800kgものダウンフォースを生み出す。フロントは同800kg。

Bugatti Bolide Rear
X字のデザインは航空機のXプレーンを意味しているらしい。

車体はかなりコンパクトです。ホイールベースは2,750mm、全高は995mmしかありません。一方、全幅は1,990mmとワイドに作られています。

後部のX字の造形は、世界で最初に音速を突破したベル X-1ジェットなど、航空史上のXプレーン(実験機・記録機)を意味しているのだそうです。
もちろん、空力的にも最適化されています。

目次に戻る

インテリア

Bugatti Bolide Interior
ブガッティ ボリードのインテリア

Bugatti Bolide Dashboard
シンプル極まりないダッシュボード。ドライビングに集中するためのデザインだ。

サーキット専用車なので、インテリアはシンプルです。
ブガッティによると、唯一の贅沢は2つのシートだけなのだとか。
それ以外の全てのものは、ただ走るためだけに存在しています。

目次に戻る

シャシー

Bugatti Bolide Chassis

ボリードの乾燥重量はわずか1,240kgしかありません。
カーボンファイバーモノコックは軽量なだけでなく高剛性です。
ネジや締結部品は全てチタンで出来ています。
3Dプリンターで製作したチタン合金製の薄肉コンポーネントは、肉厚が最大で0.5mmしかありませんが、引張強度は1平方ミリメートルあたり1,250ニュートンもあるのだそうです。
ドライブシャフトは、カーボンファイバーと3Dプリントされたチタンのハイブリッドコンポーネントになっています。

コーティングを施したセラミックディスクブレーキは、重量わずか2.4kgのブレーキキャリパーとの組み合わせ。
ブレーキの冷却は、カーボンとチタンのハイブリッドで作られたターボファンラジアルコンプレッサーによって行われます、

鍛造マグネシウムホイールもフロント7.4kg、リア8.4kgと軽量。
タイヤ幅はフロント340mm、リア400mmと極太です。
サスペンションはプッシュロッド式となっています。

目次に戻る

パワートレイン

8.0リッター・W型16気筒クアッドターボを搭載しています。
最高出力は1,850ps、最大トルク1,850Nmを発生します。
ターボチャージャーはブレードが最適化され、高G下でも機能するように補機類も見直されています。

インタークーラーは空冷式ですが、水冷で予冷するシステムとなっています。
オイルクーラーも3つ(エンジン用、トランスミッション用、ディファレンシャル用)搭載されており、サーキット走行時の冷却は万全です。

目次に戻る

価格・発売日

Bugatti Bolide

ボリードはコンセプトカーなので、量産されるかどうかはまだ決まっていないそうです。
仮に量産されたとしても、生産台数はごく少数にとどまるでしょう。
価格は1億円をゆうに超えるはずです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath