MINI ジョン・クーパー・ワークスGP ニュルのラップタイムは8分を切る!

2019年4月9日BMWの新車情報ハッチバック, ホットハッチ

MINI JCW GP

MINIのハイパフォーマンスグレードであるジョン・クーパー・ワークス(以下、JCW)に、サーキット向けのチューニングを施した「GP」という仕様が追加されました。

JCW GPは、2017年にコンセプトカーが発表されていますが、市販バージョンもコンセプトに負けず劣らずの過激なエアロで登場です。

今回はJCW GPの概要と画像をご覧ください。

更新情報

正式発表に伴い、画像と内容を更新しました。また、過去の画像は削除しました。(2019/11/20)

価格・発売日に関する情報を更新しました。(2019/11/05)

プロトタイプの画像を追加しました。(2019/06/24)


MINI JCW GPの概要

エクステリア

MINI JCW GPコンセプト

2017年に発表された「JCW GPコンセプト」

チリトリみたいなスプリッターと、ボディから浮き上がったフェンダーが装着されている。

レーシングカーのようなエアロが特徴だった。

目次に戻る

MINI JCW GP(市販バージョン)

MINI JCW GP front three quarter
市販バージョンのJCW GP。過激さはコンセプトそのままだ。

MINI JCW GP front
ボンネットには大きなエアインテーク。スプリッターも巨大だ。

MINI JCW GP front grill
グリルにはGPの文字。

MINI JCW GP front three quarter upper
見た目は完全にレーシングカーだ。

MINI JCW GP brake
小さな車体に似つかわしくないほど巨大なブレーキを装着する。

MINI JCW GP front fender
特徴的なフェンダーはカーボン製。2020は生産番号で、各個体ごとに異なるのだとか。

MINI JCW GP rear three quarter
こんな出で立ちの車が公道を走っていたら、さぞや注目されるだろう。

MINI JCW GP rear fender
リアフェンダーの給油口部分には逃げが設けられている。

MINI JCW GP rear
スモークレンズに浮かび上がるユニオンジャックがかっこいい。

MINI JCW GP rear wing
巨大なリアウィングはまるでWRカーのようだ。

MINI JCW GP tail pipe
テールパイプはセンター2本出し。

目次に戻る

インテリア

MINI JCW GP dashboard
MINI JCW GPのインテリア

MINI JCW GP instrument
ステアリングの12時部分にはマーキングが施されている。

MINI JCW GP seat
バケットシートにもGPのロゴ。

MINI JCW GP tower bar
リアシートは除去され、極太のタワーバーが装着されている。

MINI JCW GP scuff plate
スカッフプレートにもGPの文字。

目次に戻る

シャシー

MINI JCW GP side

サーキット走行時のパフォーマンスを追求したサスペンションが装着されるでしょう。
スタンダードなJCWでも足回りは相当な硬さですが、GPはそれ以上になると考えられます。

目次に戻る

パワートレイン

MINI JCW GP engine

2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボが搭載されています。
最高出力は306ps、最大トルクは450Nmです。
トランスミッションは8速ステップトロニックで、0-100km/hは5.2秒、最高速は265km/h(電子制御リミッターによる)となっています。

目次に戻る

価格・発売日

MINI JCW GP pit garage

米国での価格は45,750ドルだそうです。
記事更新時点のレートで日本円に換算すると、およそ496.3万円となります。
シビックタイプRが458.3万円なので、パフォーマンスからするとJCW GPはちょっと割高な感じです。

デリバリーは2020年3月からとなります。
JCW GPが、現行型MINI最後のモデルになるでしょう。
なおJCW GPは3,000台の限定生産です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath