BMW iX 電動SUVのフラッグシップ

BMWの新車情報EV, SUV

BMW iX

BMWが電動SUVの「iX」を公開しました。
iXは、以前ヴィジョンiNEXTとして発表されたEV(電気自動車)コンセプトカーの市販バージョンです。

iXのボディサイズは、BMW X5とほぼ同等のようですが、ルーフラインが低くなっている他、EVということでグリルが密閉されているため、空力性能が大幅に向上しています。
また、エンジンが無いため、その分室内が広いです。

今回はBMW iXの概要をご覧ください。


BMW iXの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW iX Front three quarter
BMW iX

BMW iX Front
賛否両論ありそうな顔つきをしている。

BMW iX Grill
キドニーグリルは密閉されており、冷却口としては機能していないが、カメラやレーダーなどを搭載するインテリジェンスパネルとなっている。

BMW iX Headlight
切れ長なヘッドライト。BMW史上最薄だという。

BMW iX Side
全長はX5並だが、ルーフはX6と同等の低さだという。

BMW iX Door opener
フラッシュフィットドアオープナーは、ボタンに触れるだけで操作できる。

BMW iX Rear three quarter
サイドウインドウはフレームレス。

BMW iX Rear
真後ろから見ると結構ワイド感がある。

大柄に見えるボディですが、Cd値は0.25しかありません。

ボディの全長と全幅はX5(4,922mm*2,004mm)とほぼ同じ、全高はX6(1,696mm)とほぼ同じだそうです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW iX Interior
BMW iXのインテリア

BMW iX Dashboard
無駄なものを取り除いたミニマルなデザインだ。

BMW iX Cockpit
六角形のステアリング。メーター液晶とインフォテイメントは、MBUXのように統合されている。

BMW iX Console
センターコンソールには木のぬくもり。

BMW iX Seats
シートはソファのよう。センタートンネルが無いので、ウォークスルーが可能だ。

BMW iX Switches
スイッチ類はシンプルな形状だが、加飾は手が込んでいる。

BMW iX Rear seats
後席は足元・頭上のどちらもかなり広そうだ。

目次に戻る

シャシー

BMW iX Platform

iXは、BMWの新しいモジュラープラットフォームを採用しています。
このプラットフォームはボディのアルミニウムスペースフレームをサポートするものです。
また、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)をボディ側面やルーフ、テール周りに使用することで、剛性と安全性を高めるカーボンケージを構成しています。

データの処理能力も、以前のモデルと比較して20倍に向上しており、車両センサーからのデータをより多く処理できるようになりました。
これにより自動運転や駐車機能など、先進的な運転支援システムを利用できるようになります。

目次に戻る

パワートレイン

搭載しているモーターは2つで、最高出力は370kW(503.6ps)に達します。
0-100km/hは5.0秒未満です。

バッテリー容量は100kWhで、米国EPA基準で300マイル(約482.8km)以上、WLTP基準で600km以上の航続距離を想定しています。
「想定」とあるのは、iXがまだ開発段階にあるからです。

BMW iX Charge

200kWのDC急速充電を用いれば、40分でバッテリー容量の10~80%までチャージできます。
たった10分の充電でも、120km分の電力を蓄えることができるというのですから驚きですね。
11kWのウォールボックスからの充電では、フルチャージまで11時間程度だそうです。

目次に戻る

価格・発売日

BMW iX

価格に関する情報はまだありません。

BMWはiXを2021年末に投入する予定です。
生産はドイツ・ディンゴルフィング工場で行われます。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath