トヨタが新型V8ツインターボを開発中!? LC Fに搭載か

テクノロジー・業界分析Lexus IS (3rd-Gen), Lexus LC F, ハイパフォーマンスモデル

Lexus LC 500 Inspiration Series 2020
レクサス LC 500 インスピレーション・シリーズ(2020年モデル)

トヨタV8ツインターボのガソリンエンジンを開発しているようです。
gr86.orgフォーラムにおいて、新型V8ツインターボの特許図面が発見されました。
このエンジンは次期IS FLC Fに搭載されると考えられています。

今回はトヨタが開発中のV8ツインターボに関する最新情報をご覧ください。

Related Posts

トヨタの新型V8ツインターボに関する最新情報

特許図面によると、ターボチャージャーはVバンクの間に搭載されています。
いわゆる「ホットV」とか「ホットインサイドV」と呼ばれるレイアウトです。
ホットVレイアウトには、エンジンをコンパクトにできるメリットがあります。

Toyota New V8 Twin Turbo Patent Image
新型V8ツインターボの特許図面

このV8エンジンのバンク角は90°です。
排気量は4.0リッターとのことなので、2.0リッターの直4から派生したエンジンと考えてよいでしょう。
最高出力は600ps以上になると見られています。

レクサスはLCクーペで2020年のニュルブルクリンク24時間レースに参戦する計画を立てていましたが、パンデミックにより参戦計画自体が流れてしまったという経緯があります。

Lexus LC GAZOO Racing 2019 Nurburgring 24h
2019年のニュルブルクリンク24時間レースを走るレクサス LC

そのLCクーペはLC Fのプロトタイプと目されており、新開発の4.0リッター・V8ツインターボを搭載しているという噂だったのですが、日の目を見ることはありませんでした。
しかし、エンジンの開発は継続されていた模様です。

Lexus IS 500 F SPORT PERFORMANCE
レクサス IS 500 F SPORT PERFORMANCE

この新型V8ツインターボは、次期IS Fにも搭載される可能性があります。
5.0リッター・V8ガソリン自然吸気エンジン(472ps・535Nm)が、ひとつ下のグレードであるIS 500 F SPORT PERFORMANCEに搭載されたためです。
よってフラッグシップモデルの次期IS Fは、さらに強力なエンジンでなければ辻褄が合いません。

Lexus IS 500 F SPORT PERFORMANCE Engine
トヨタ 2UR-GSEエンジン(5.0リッター・V8 NA)

新型V8ツインターボの登場時期は不明ですが、レクサス LCクーペが2023年にモデルチェンジを予定しているので、それに合わせてエンジンラインナップに加わるかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath