ロールスロイス ボートテイル ラグジュアリーヨットのようなコンバーチブル

他メーカーの新車情報オープンカー, ラグジュアリー

Rolls-Royce Boat Tail

ロールスロイスが「ボートテイル」というコーチビルドを発表しました。
ラグジュアリーヨットにインスパイアされたコンバーチブルが特徴です。

ちなみにこのボートテイルを発注したのは、1932年型ロールスロイス ファントムⅡボートテイルのオーナーなのだとか。
現代版ボートテイルも、後方に行くに従って細くなるデザインを備えています。

今回はロールスロイス ボートテイルの概要をご覧ください。

Related Posts

ロールスロイス ボートテイルの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Rolls-Royce Boat Tail Front three quarter
ロールスロイス ボートテイル

Rolls-Royce Boat Tail Front
シャシーはファントムだが、外装は全てオリジナルだ。

Rolls-Royce Boat Tail Headlight
ヘッドライトはこれまでのロールスロイス車と異なるデザイン。

Rolls-Royce Boat Tail Side roof open
後方に行くに従い細くなるデザイン。

Rolls-Royce Boat Tail Side roof close
ルーフは着脱式ハードトップ。

Rolls-Royce Boat Tail Buttress
ハードトップにはフライング・バットレスが備わっている。

Rolls-Royce Boat Tail Rear three quarter
ロールスロイスらしい気品のあるデザインだ。

Rolls-Royce Boat Tail Trunk Lid Close
ウッドベニヤのトランクリッド。

Rolls-Royce Boat Tail Trunk lid open
トランクリッドは羽のように上向きに開く。

Rolls-Royce Boat Tail Trunk
ラゲッジスペースには冷蔵庫やカトラリーセットが収納されている。

Rolls-Royce Boat Tail Rear
折りたたみ式のスツールはカーボンファイバー製。

Rolls-Royce Boat Tail Tailight
テールライトは車体のフォルムに合わせた薄型のデザイン。

Rolls-Royce Boat Tail Door open
ロールスロイスなのでドアは後ろヒンジ。

ボートテイルはコンバーチブルですが、折りたたみ式のソフトトップではなく、着脱可能なハードトップが採用されています。
ハードトップを外しているときの急な天候の変化に対応するためのトノカバーもあるそうです。

全長は5,800mm。
シャシーのアルミニウムスペースフレームは現行型ファントムのものですが、ボディパネルは全て新設計です。

トランクリッドは羽のように開きます。中はシャンパンを冷やすための冷蔵庫と、カトラリーセットの収納スペースです。
パラソルとカーボンファイバー製のスツールも用意されています。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Rolls-Royce Boat Tail Interior
ロールスロイス ボートテイルのインテリア

Rolls-Royce Boat Tail Meter
メーターは頑なにアナログ。

Rolls-Royce Boat Tail Clock
センターコンソールにはBoveyの時計。

目次に戻る

価格・発売日

価格は2,000万ポンドだそうです。

生産台数は3台のみで、それぞれがオーナーの好みに応じてカスタマイズされています。
ロールスロイスは3台以上生産しないことを確約しています。
なのでオーナーが手放さない限り、余人が手に入れることはできません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath