ワイルドスピードのスープラが55万ドルの史上最高額で落札!

映画・テレビFast and Furious, スープラ, ポール・ウォーカー, ワイルドスピード

Fast and Furious Toyota Supra

映画ワイルドスピードに登場したJZA80スープラが、ラスベガスで行われたオークションにおいて、550,000ドル(約6062万円)というスープラ史上最高額で落札されました。
つまり地球上で最も高価なスープラとなったのです。

今回は故ポール・ウォーカーが劇中でドライブしたスープラの概要をご覧ください。

Related Posts

ワイルドスピードに登場した80スープラの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Fast and Furious Toyota Supra
ワイルドスピードのスープラ。第1作のカラーリングが施されている。

Fast and Furious Toyota Supra Front
TRD3000GTと同じボンネット。バンパースポイラーはBOMEXだ。

Fast and Furious Toyota Supra Front three quarter
ワイドボディ化などはされていない。

Fast and Furious Toyota Supra Side
サイドステップもBOMEX。車高は意外と高め。

Fast and Furious Toyota Supra Rear three quarter
こうして見るとエアロ以外はライトチューンだ。マフラーも目立たない。

Fast and Furious Toyota Supra Tail gate
テールゲートはちゃんと開く。ラゲッジスペースにはNOSボトルのホルダーが見える。

Fast and Furious Toyota Supra Rear wing
APRのGTウイング。肉抜きされたステーがレーシーだ。

実はワイルドスピード2にもこの車は登場しています。ボディカラーをゴールドに変更され、冒頭のストリートレースのシーンでスラップ・ジャックのスープラとして登場しました。
現在のカラーリングは、ワイルドスピード2撮影後に元に戻したものです。

ボディカラーはランボルギーニ ディアブロのキャンディオレンジパール。
ボディ側面には「ニュークリアグラディエーター」と呼ばれるグラフィックが描かれています。
前後のバンパースポイラーとサイドステップはBOMEX。ボンネットはTRD、リアウイングはAPR、ホイールは19インチのRacing Hart M5です。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Fast and Furious Toyota Supra Interior
インテリアはブルーのファブリックに張り替えられ、ステアリングが交換されている。

目次に戻る

パワートレイン

Fast and Furious Toyota Supra Engine

エンジンは3.0リッター・直列6気筒ガソリンツインターボ「2JZ-GTE」ですが、劇中の設定とは異なり、NOSは搭載されていません。
最高出力は324ps、最大トルクは427Nmといたって平凡です。

トランスミッションは、シフトノブこそ6速マニュアルのように加工されているものの、実際は4速オートマチックです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath