BMW 8シリーズ マイナーチェンジでPHEVとM8 CS追加

BMWの新車情報4ドアクーペ, PHEV, オープンカー, クーペ, スポーツカー

BMW G15 8 Series Facelift Spyshot

BMWが「8シリーズ(G15)」のマイナーチェンジモデルを開発しています。
現行型は2018年に登場したモデルなので、そろそろリフレッシュの時期を迎えているわけです。

新型8シリーズにはPHEV(プラグインハイブリッド)M8 CSが追加されます。
今回は新型8シリーズのスパイショットと、最新情報をご覧ください。

Related Posts

新型8シリーズの最新情報

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW G15 8 Series Facelift Spyshot Front-01
BMW 8シリーズ(G15)のマイナーチェンジモデル

BMW G15 8 Series Facelift Spyshot Front-02
ヘッドライトは上下幅がやや薄くなるようだ。

BMW G15 8 Series Facelift Spyshot Front three quarter
フロントバンパーのデザインも変更されているように見える。

BMW G15 8 Series Facelift Spyshot Side
車体側面にはカモフラージュが無く、したがって変更点も無い。

BMW G15 8 Series Facelift Spyshot Rear three quarter
テールライトが一部カモフラージュされているので、LEDのデザインが変わるのかもしれない。

BMW G15 8 Series Facelift Spyshot Rear
リアバンパーはディフューザー部分の形状が、現行型とは明らかに異なっている。

目次に戻る

インテリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW G15 8 Series Facelift Spyshot Interior
インテリアが垣間見える画像はこれだけ。大型化されたディスプレイが確認できる。

タッチスクリーンはより大きくなり、インフォテイメントシステムは「iDrive 8」に更新されます。

目次に戻る

パワートレイン

ガソリン車とディーゼル車の直6モデルには、マイルドハイブリッドが装備されるかもしれません。

PHEVは745eに搭載されているシステムで、3.0リッター・直6ガソリンターボ(286ps・450Nm)と、電気モーター(113ps・265Nm)を組み合わせたものです。

M8 CSには、M5 CSと同じ4.4リッター・V8ガソリンツインターボ(635ps・750Nm)が搭載されます。

目次に戻る

価格・発売日

新型の価格に関する情報はまだありません。
ちなみに現行型のクーペは1208~1882万円で販売されています。

新型8シリーズはモデルイヤー2023(2022年下半期~2023年上半期)として登場します。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath