BMW M5 CS スーパースポーツセダンの最強モデル!

2020年5月9日BMWの新車情報スポーツカー, セダン

BMW M5 CS Spyshot at Nurburgring

BMWが「M5 CS」を開発中です。
テストカーがスパイショットされました。
M5 CSは、M5コンペティション以上に過激なモデルとなります。

このページではM5 CSの最新情報を随時更新していきます。

更新情報

最新のスパイショットインテリアの項目を追加し、シャシーの情報を更新しました。(2021/01/04)

シャシーの項目を追加し、発売日の情報を更新しました。(2020/12/30)

動画を追加し、パワートレインに関する情報を更新しました。(2020/12/20)

パワートレインに関する情報を更新しました。(2020/06/23)

Related Posts

BMW M5 CSの最新情報

エクステリア

スパイショット

BMW M5 CS spyshot front three quarter
BMW M5 CSのテストカー

BMW M5 CS spyshot front
フロントバンパーは形状変更され、スプリッターが大型化されている。

BMW M5 CS spyshot nose
ノーズ周り。ヘッドライトがカモフラージュされているのは、M/C後モデルがベースだからだろう。

BMW M5 CS spyshot side
ドアは全くカモフラージュされていない。カーボンドアの採用は望み薄か。

BMW M5 CS spyshot wheel
ホイールは新デザイン。タイヤはピレリPゼロのようだ。

BMW M5 CS spyshot rear spoiler
リアスポは大型化され、ダックテールタイプのものが装着されている。
画像の出典: carscoops.com

ニュルブルクリンクにあるBMWのテストセンターで撮影されたスパイショットです。
M5 CSと思しき車両が駐車場に停められています。

M5コンペティションとの相違点は、前後バンパー、ダックテールスポイラー、新型ホイールなどです。

CSと名の付くモデルといえば軽量化ですが、ドアがカモフラージュされていない所を見ると、カーボンドアの採用は望み薄でしょう。
ボンネットやトランクリッドがカーボン製のものに置き換わる可能性はありますが、大幅な軽量化は期待できないかもしれません。
ちなみにルーフはM5コンペティションでもカーボン製だったので、M5 CSも同様になると思います。

また、ヘッドライトなどのデザインはマイナーチェンジ後の5シリーズがベースになると見られています。

動画

HOT LAP: BMW M5 CS Prototyp

M5 CSのプロトタイプをラウジッツリンクで走らせた際のオンボード映像です。
ラップタイムは1分31秒88で、M5コンペティションの1分33秒40を約1.5秒も上回りました。

ラウジッツリンクにおける他車のタイムをいくつか挙げると、ポルシェ 911 GT3(タイプ991)が1分32秒00、ジャガー XE SV プロジェクト8が1分32秒15、メルセデスAMG GT63 Sが1分32秒32ということですから、M5 CSの速さは際立っています。
特にニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで4ドア最速タイムを記録しているジャガー XE SV プロジェクト8よりも速いというのは驚きです。

ラウジッツリンクは外周がオーバルコースとなっており、ロードコースの大半はオーバルの内側に設置されているため、コンパクトでテクニカルなレイアウトとなっています。
M5 CSのような大柄な車は不利なはずですが、映像を見るとアンダーステアはほとんど出ていません。おそらくトルクベクタリング等の電子制御が効果的に機能しているはずです。
車の回頭性が良ければ、AWD(全輪駆動)のトラクションとハイパワーなエンジンを生かして鋭く加速できるため、好タイムにつながったのではないかと思います。

最新のスパイショット

BMW M5 CS Spyshot at Nurburgring Front
M5 CSのスパイショット

BMW M5 CS Spyshot at Nurburgring Front three quarter
バンパーなどは以前のスパイショットと変わらない。

BMW M5 CS Spyshot at Nurburgring Side
結構ロールしている。シルバーのボディカラーが美しい。

BMW M5 CS Spyshot at Nurburgring Rear three quarter
ガーニーフラップ風のリアスポイラーも以前と変わらず。

BMW M5 CS Spyshot at Nurburgring Rear
Mモデルならではのクアッドエキゾーストを装着している。

BMW M5 CS Official Leak
BMWのM部門がチラ見せしたM5 CS。

初期のスパイショットと比較して、エアロの変更はなさそうです。
完成は間近といったところでしょう。

目次に戻る

インテリア

BMW M5 CS Spyshot at Nurburgring Seat
シートのヘッドレストにはニュルブルクリンクが描かれている。

BMW M5 CS Spyshot at Nurburgring Meter
液晶メーターには地名も表示されるようだ。

目次に戻る

シャシー

車重はM5コンペティションから70kg軽量化され、1,870kgになるそうです。
カーボンセラミックブレーキが標準装備され、カーボンファイバーバケットシートなどによる軽量化が施されますが、それと引き換えに4シーター(4人乗り)となります。

ホイールは鍛造アルミニウムで、タイヤはピレリ Pゼロ・コルサです。タイヤサイズはフロントが275/35、リアが285/35となっています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンはM5コンペティションと同じく4.4リッター・V型8気筒ガソリンツインターボを搭載しますが、最高出力は10ps引き上げられて635psになると言われています。
一方、最大トルクは750Nmのままで変わらないようです。

トランスミッションは8速ATで、AWDのM xDriveを搭載します。
0-100km/hは約3.0秒、0-200km/hにも約10秒しかかからないと言われています。
最高速は305km/hに達するでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありませんが、M5コンペティションは1,867万円で販売されているので、M5 CSがそれよりも高価なのは確実です。
ちなみにドイツのAuto Bild誌は160,000ユーロ(記事更新時点のレートで単純換算すると、約2,026万円)と予想しています。

M5 CSは2021年1月に登場予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath