アップルとトヨタが手を組む……かもしれない

テクノロジー・業界分析EV

Apple Logo

IT界の巨人アップルが、EVで自動車業界に参入しようとしていることは周知の事実です。
しかしアップルはテスラとは異なり、単独で自動車製造ビジネスを行おうとはしていません。
パートナーとタッグを組んで、EVを製造しようとしているのです。

ところがそのパートナー探しが難航しています。そんな中パートナーの候補にトヨタの名前が急浮上してきました。

Related Posts

アップルとトヨタが手を組む!?

最初に名前が挙がったのは韓国のヒュンダイでしたが、結局物別れに終わりました。
中国のサプライヤーとの話し合いも上手く行きませんでした。

Hyundai Tucson 2021
ヒュンダイ ツーソン

アップルが米国内でバッテリーを製造しようとしていることが、パートナー探しを難しくしているようです。
アップルは独自に開発した革新的なバッテリー(モノセル構造でリン酸鉄リチウムを用いたものだと噂されている)を持っていると言われているため、その製造だけは米国で行いたいのでしょう。

その後アップルはパナソニック、サムスン、LG、SKイノベーションといった電機メーカーと交渉してきたのですが、ついにトヨタとの話し合いも始めたようです。

Toyota bZ4X Concept
トヨタのEVコンセプト「bZ4X」

アップルがトヨタに生産を委託するのか、それとも車両を共同で開発することまで求めているのかは不明ですが、提携が実現すればビッグカップルの誕生となります。
自動車業界のみならず、IT業界へのインパクトも相当なものになるでしょう。

トヨタはグループ会社や関連企業から自動車製造に必要なコンポーネントをほぼ全て調達できるため、アップルが提携する相手としては最適です。
アップルのデザインや技術に合わせて各種コンポーネントをコーディネートして自動車を製造できるのは、トヨタ以外に無いでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath