BMW M4 CSL 徹底した軽量化で最強のMモデルとなるか

BMWの新車情報BMW M4, スポーツカー

BMW M4 CSL Spyshot

BMWが「M4 CSL」もしくは「M4 CS」と思しきモデルを開発しています。
BMWはそれらの車名を2017年に商標登録しているため、どちらになってもおかしくはありませんが、現在のところM4 CSLが有力なようです。
今回はそのスパイショットと最新情報をご覧ください。

Related Posts

BMW M4 CSL(またはCS)の最新情報

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

BMW M4 CSL Spyshot Front
M4 CSLと思しき開発車両のスパイショット

BMW M4 CSL Spyshot Front three quarter
キドニーグリルの格子のデザインが異なる。巨大なスプリッターとフリックが目立つ。

BMW M4 CSL Spyshot Side
リアクォーターウインドウは軽量な素材に置き換わる可能性がある。

BMW M4 CSL Spyshot Rear three quarter
ダックテールスポイラーはトランクリッドと一体成形されているようだ。

BMW M4 CSL Spyshot Rear
クアッドエキゾーストはチタン製である可能性が高い

ボンネットやルーフなど、カモフラージュされている部分は軽量なカーボンファイバーに置き換えられているようです。
ダックテールスポイラーはトランクリッドと一体成形されている可能性が高く、この点が写真のモデルをM4 CSLと考えるべき根拠となっています。なぜならかつてのE46型M3 CSLも同様のデザインだったからです。

車高は標準のM4からさらに下げられており、サスペンションがアップデートされたことを窺わせます。
タイヤはミシュラン パイロットカップ2Rです。このタイヤは公道も走れるサーキットタイヤというコンセプトで開発されたもので、写真のM4がかなり過激なモデルであることを裏付けています。
ブレーキも標準のM4より大型化されているようです。

エキゾーストシステムはその焼け方から見て、軽量なチタン製だと思われます。
徹底的な軽量化でどのくらいダイエットできるのか気になるところです。ちなみにM5 CSでは70kgもの減量に成功しています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジン等に関する情報はまだありませんが、現在ラインナップされているM4コンペティションでも510ps・650Nmというパワー・トルクを発生しているので、さらにパワーアップするには大幅な改良が必要になるでしょう。
なので出力向上は小幅にとどまるかもしれません。537psになるとの情報もありますが、真偽は不明です。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。
ちなみにM4コンペティションは1348~1490万円で販売されているので、M4 CSL(またはCS)はそれ以上の価格となることは確実です。

発表は2022年になるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath