メルセデスAMG 新型SLは間もなくデビューか

Mercedes-Benzの新車情報オープンカー, スポーツカー

Mercedes AMG SL 2022 Spyshot Camoless Rear three quarter

メルセデスAMGが2+2のオープンカー「SL」を開発しています。
そのプロトタイプがスパイショットされ、ほとんどカモフラージュされていない新型SLの姿が明らかになりました。
今回はそれらの画像と最新情報をご覧ください。

Related Posts

新型SLの最新情報

エクステリア

スパイショット

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes AMG SL 2022 Spyshot Camoless  Front
新型SL。鋭いヘッドライトと低いノーズが速さを予感させる。

Mercedes AMG SL 2022 Spyshot Camoless  Side front
ブレーキキャリパーはかなりのサイズ。ホイールはYスポーク。

Mercedes AMG SL 2022 Spyshot Camoless  Side rear
2+2なのでリアデッキ部分が短い。

Mercedes AMG SL 2022 Spyshot Camoless Rear three quarter
リア周りはシンプルそのもの。可変スポイラー等は無さそうだ。
画像の出典: autoevolution.com

目次に戻る

インテリア

ティザー画像

Mercedes-AMG SL Seats
新型SLのインテリア。2+2のシートレイアウトになっている。

Mercedes-AMG SL Touch screen
タッチスクリーンは縦型の11.9インチ

内装の画像は既に公開済みです。
12.3インチの液晶メーターとセンターコンソールに11.9インチタッチスクリーンを持つMBUXが最大の特徴となります。

目次に戻る

シャシー

アルミニウム製の新しいアーキテクチャが採用されます。
現行型のAMG GTロードスターと比較して、横方向の剛性は50%アップ、縦方向の剛性も40%アップしているそうです。ねじり剛性はR231型SLと比較して18%アップとなっています。

目次に戻る

パワートレイン

エンジンは直4、直6、V8がラインナップされるでしょう。
最上級グレードのSL 63には、先日発表されたAMG GT 63S Eパフォーマンスと同じPHEVパワートレインが搭載され、システムの最高出力は843psに達する見通しです。

駆動方式はほぼ全てのグレードで全輪駆動となります。
トランスミッションは9速ATです。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

生産が2021年終盤または2022年初頭に開始されるため、発表は年内に行われる可能性も十分にあります。発売日はその際にアナウンスされるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath