プロドライブ ハンター ダカールレーサーをさらにパワーアップして市販化!

他メーカーの新車情報オフローダー

Prodrive Hunter Front three quarter

かつてスバルのWRCチームを運営していたプロドライブが、「ハンター」というアドベンチャー・ヴィークルを発表しました。
ハンターはダカールラリーでセバスチャン・ローブがステアリングを握ったレーシングカーがベースとなっています。

Prodrive Hunter Dakar racer

ハンターは市販車ですが、走るのは舗装された一般公道ではなく、中東の砂漠地帯です。
これまではランドクルーザーやレンジローバーが活躍していたフィールドに、ハンターは圧倒的なオフロード性能を武器に切り込もうとしているわけです。

今回はプロドライブ ハンターの概要をご覧ください。

Related Posts

プロドライブ ハンターの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Prodrive Hunter Front three quarter
プロドライブ ハンター

Prodrive Hunter Front
アプローチアングルを最優先したフロント周り

Prodrive Hunter Air intake
ルーフには外気導入用のエアスクープ

Prodrive Hunter Under guard
長いストロークを持つサスペンションがむき出しになっている。

Prodrive Hunter Side
キャブフォワードなフォルムだが、エンジンはフロントミッドに搭載されている。

Prodrive Hunter Side intake
レーシングカーだとスペアタイヤが入っていた部分だが、市販車ではダクトになっているようだ。

Prodrive Hunter Exhaust
エキゾーストはサイド出し

Prodrive Hunter Top
フロントの方がトレッド幅が広く見える

Prodrive Hunter Rear three quarter
デザインしたのがイアン・カラムなので、リアからはジャガー風味が感じられる。

Prodrive Hunter Rear wing
スワンネックステーでマウントされたリアウイング。翼端板がリアフェンダーすれすれなのが興味深い。

Prodrive Hunter Rear
リアも下回りがむき出しだ

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Prodrive Hunter Seat
プロドライブ ハンターのインテリア。バケットシートはカーボン製。

Prodrive Hunter Dashboard
鮮やかなフル液晶メーターを装備している

目次に戻る

シャシー

Prodrive Hunter Suspension

シャシーは高張力鋼のスペースフレームで構成されています。
サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン式で、ダンパーは各車輪ごとに2本ずつ。
ホイールトラベルは400mmという長さが確保されています。ちなみにホイールトラベルは、2022年のダカールラリーで2位になった競技車両から50mm延長されているそうです。おそらく乗り心地を確保するためでしょう。
タイヤサイズは驚愕の35インチです。

目次に戻る

パワートレイン

3.5リッター・V型6気筒ツインターボを搭載しています。
最高出力は608ps、最大トルクは700Nmです。
レギュレーションに縛られていないため、出力はレーシングカーと比較して50%も増大しています。

トランスミッションは6速で、パドルシフト付き。
0-100km/hは4秒未満。最高速は300km/hとなっています。
オフローダーですが、スペックはスーパーカー並ですね。
その分燃費は悪そうですが、燃料タンク容量が480Lもあるので、砂漠のど真ん中でガス欠することはなさそうです。

目次に戻る

価格・発売日

価格は125万ポンドです。記事執筆時点のレートで日本円に単純換算すると、およそ1億9565万円となります。
アラブの石油王ならポンと買えるのかもしれません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath