メルセデスAMG C43 4Matic 直列4気筒に電動ターボ搭載!

Mercedes-Benzの新車情報ステーションワゴン, セダン, ハイパフォーマンスモデル

Mercedes-AMG C43 4Matic

メルセデスAMGC43 4Maticを発表しました。
SL43で初導入された直列4気筒電動ターボを搭載するモデルです。

今回はC43 4Maticの概要をご覧ください。

Related Posts

C43 4Maticの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes-AMG C43 4Matic
C43 4Maticのセダンとワゴン

Mercedes-AMG C43 4Matic Front
パナメリカーナグリルが装着され、AMGだと一目でわかるようになっている。

Mercedes-AMG C43 4Matic Side
サイドシルパネルも専用品に変更されている。

Mercedes-AMG C43 4Matic Rear
ディフューザールックのリアバンパーを装着している。クアッドエキゾーストが迫力満点だ。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Mercedes-AMG C43 4Matic Interior
C43 4Maticのインテリア

Mercedes-AMG C43 4Matic Steering wheel
AMGステアリングホイールは、2つの丸いボタンで素早くモードを切り替えられる。

Mercedes-AMG C43 4Matic Seat
シートの形状もスポーティーだ。

目次に戻る

シャシー

Mercedes-AMG C43 4Matic Wagon

サスペンションはアダプティブダンピングシステムを備えたAMGライドコントロールサスペンションです。これによりハンドリングと快適性を両立させています。
また、標準でリアアクスルステアリングを装備。最小回転半径の減少や、高速域での安定性に寄与します。
可変ステアリングジオメトリを持つ3ステージAMGパラメーターステアリングにより、低速走行時にはパワステのアシスト量を増加させ、高速走行時には逆に減少させます。スポーツ走行時にはステアリングからのフィードバックを増やすことも可能です。

目次に戻る

パワートレイン

Mercedes-AMG C43 4Matic Engine
エンジンは4気筒だが、意外と前目に搭載されている印象。

エンジン自体はSL43のものと同じですが、C43 4Maticは少しだけ高出力化されています。
2.0リッター・直列4気筒と電動ターボチャージャーの組み合わせは、408ps・500Nmを発生します。
また、48Vマイルドハイブリッドの機能を持つベルト駆動のスターター/ジェネレーターは、短時間ながら14psのブーストをもたらします。

トランスミッションはAMGスピードシフトMCT(マルチクラッチトランスミッション)9Gを搭載。
AMGパフォーマンス 4Maticは、31:69の前後トルク配分となっています。
0-100km/hは4.6秒。最高速は250km/hに制限されていますが、AMGドライバーズパッケージを装着することで265km/hに引き上げることが可能です。

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

AMG C43 4Maticは、2022年末に発売されます。日本導入時期は不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath