ヴィースマン プロジェクト・サンダーボール トルク1100NmのEVロードスター

他メーカーの新車情報EV, オープンカー, スポーツカー

Wiesmann Project Thunderball

ヴィースマンプロジェクト・サンダーボールというEVロードスターを発表しました。
ヴィースマンは、かつてBMWエンジンを搭載したレトロなデザインのロードスターを提供していましたが、ここ数年は自動車製造を休止していました。
今回のプロジェクト・サンダーボールでビジネスに復帰することになります。

今回はプロジェクト・サンダーボールの概要をご覧ください。

Related Posts

プロジェクト・サンダーボールの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Wiesmann Project Thunderball Front corner
ヴィースマン プロジェクト・サンダーボール

Wiesmann Project Thunderball Front
卵型のグリルがヴィースマンの特徴だ。

Wiesmann Project Thunderball Side
抑揚の強いデザイン。テールライトがリアフェンダーから生えているのが面白い。

Wiesmann Project Thunderball Front fender
フロントフェンダー後方がえぐり取られたようなデザインだ。

Wiesmann Project Thunderball Rear
バンパー下部に大きな開口部が開いているが、マフラーフィニッシャーは見当たらない。

Wiesmann Project Thunderball Spoiler
小さなダックテールスポイラーが付いているが、空力的に機能しているのだろうか。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Wiesmann Project Thunderball Interior
プロジェクト・サンダーボールのインテリア

Wiesmann Project Thunderball Cockpit
内装はレトロモダンな印象だ。

Wiesmann Project Thunderball Meter
ダッシュボードにはいくつものアナログメーターが並ぶ。

Wiesmann Project Thunderball Console
センターコンソールはシンプルそのもの。セレクターはボタン式。

Wiesmann Project Thunderball Pedal
ペダルもおしゃれ。

Wiesmann Project Thunderball Door pull
ドアプルにはレザーストラップが用いられている。

Wiesmann Project Thunderball Seat
華奢な感じのシートがレトロな雰囲気を醸し出している。

Wiesmann Project Thunderball Roll bar
ロールバーもあえて単純なパイプで仕上げられている。

目次に戻る

シャシー

ボディワークはカーボンファイバーで出来ており、車重は約1,700kgに抑えられています。EVであることを考えると驚異的な軽さです。

また、ヴィースマンインテリジェント回生ブレーキシステムは、ステアリングのパドルで効き方を5段階に調整できます。

目次に戻る

パワートレイン

モーターは2つ搭載されていますが、それらはどちらもリアに設置されています。つまりプロジェクト・サンダーボールは後輪駆動車です。

システムの総出力は500kW(680ps)、総トルクは1,100Nmとなっています。
比較的軽量な車体と相まって、0-100km/h加速にわずか2.9秒しかかかりません。

バッテリー容量は92kWhで、推定航続距離は500kmとのことです。
充電時間は未公表ですが、300kWの急速充電に対応しているため、フルチャージまでにさほど時間はかからないでしょう。

目次に戻る

価格・発売日

価格は300,000ユーロです。

発売日はまだ不明ですが、プロジェクト・サンダーボールはグローバルに販売されます。
生産台数は1,000とのことです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath