ニッサンの新車情報 新車情報

インフィニティ プロジェクト ブラック S プロトタイプ F1由来のパワートレインがさらにパワーアップ!【10/2更新】

更新日:

インフィニティが、パリ・モーターショーでの発表にさきがけ、プロジェクト ブラック S プロトタイプの概要を公開しました。

同社は2017年にも、Q60 プロジェクト ブラック Sというコンセプトカーを発表していますが、今回のプロトタイプではパワートレインが更新され、F1由来のハイブリッドパワートレインが、さらに進化しています。

今回はプロジェクト ブラック S プロトタイプの概要をご覧ください。

更新情報

エクステリアインテリアの画像を追加しました。(2018/10/02)


Project Black S プロトタイプの概要

エクステリア

プロジェクト ブラックS プロトタイプ


バンパーダクトの周囲にエアカーテンを追加するのは最近の流行り。


DRLのデザインは既存のインフィニティ車と変わらない。


フロントフェンダー後部にスリットが追加されている。


キャリパーはイエロー。タイヤもイエローレターのピレリPゼロだ。


リアバンパー両端に、下方に伸びるフィンが追加されている。


ディフューザーのデザインが独特だ。


F1マシンの知見を活かしたというリアウイング。中央に切り欠きがある。


翼端板のデザインは、まさにF1のそれだ。


マフラー内部の溝は、排気効率を上げるためのものだろうか?


目次に戻る

インテリア

プロジェクト ブラックS プロトタイプのインテリア。


センターコンソールには、TCSやABSの調整ダイヤルがある。


各部の質感は非常に高い。


リアシートは除去され、2シーターに変更されている。


目次に戻る

デュアルハイブリッドパワートレイン

インフィニティ会長のローランド・クルーガー氏は、「インフィニティとルノースポールF1チームの共同プロジェクトである『プロジェクト ブラック S プロトタイプ』は、新しいアイデアや技術のテストベッドであり、アライアンスのパートナーシップがどのように野心的なビジョンを実現するかを実証するものだ」と語っています。

コンセプトカーのQ60 プロジェクト ブラック Sと同様に、今回のプロトタイプも、ベースとなっているのはQ60 Red Sport 400です。
よってVR30型3.0リッター・V6ガソリンツインターボエンジンが搭載されています。

インフィニティ Q60 Red Sport 400


VR30型エンジン


このVR30に組み合わせてあるのが、F1由来のハイブリッドシステムです。
インフィニティが「デュアルハイブリッド」と呼んでいるそのシステムは、運動エネルギーを回生するMGU-Kと、排気ガスの熱エネルギーを回生するMGU-Hを搭載しています。
また、MGU-KのジェネレーターはF1と同じく1基だけなものの、MGU-Hのジェネレーターはツインターボのそれぞれに1基ずつ、合わせて2基搭載されているそうです。
3つのジェネレーターが生み出したエネルギーは、リアにある4.4kWhのリチウムイオンバッテリーに蓄えられます。
ドライブトレインには最大で163psを追加供給できるようです。

Renault Energy F1®: The New Power Unit
ルノーによるMGU-Hの説明動画

これらのシステムが生み出す総出力は571psで、0-100km/hは4秒以下とのこと。
昨年のQ60 プロジェクト ブラック Sは500psだったので、約14%のパワーアップです。
パワーウェイトレシオは235W/kgということなので、車重は1787kgと推定されます。

ルノースポールF1と共同開発したこのシステムは、ロードカー用として設計されており、「アライアンス・ポートフォリオにおける電化の最終到達点」と位置づけられているようです。

目次に戻る

最適化された空力

ルノースポールF1とのパートナーシップにより、より高い空力効率と高いレベルのダウンフォースをバランスさせることに成功しています。
ルノースポールF1からは、車の空力特性を最適化するための高度なデジタル検証ツールや、デジタルモデリング技術、専門的な開発技術の提供を受けたそうです。

F1の空力の専門家によって検証されたカーボンファイバー製のリアウイングは、モンツァで使われるF1のリアウイングと同様の空力特性を持ち、直進安定性とコーナリング時の高いトラクションを両立させています。


目次に戻る

10月1日発表

インフィニティ プロジェクト ブラック S プロトタイプは、10月1日にパリモーターショーで発表されました。
プロトタイプとはいえ各部は徹底的に作り込まれており、市販化に期待したくなる仕上がりです。

エンジンルーム内部の空力にまでこだわっている。

何よりF1のテクノロジーがロードカーに搭載されるのは、非常にエキサイティングですよね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-ニッサンの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.