トヨタの新車情報 モータースポーツ ル・マンなど耐久レース 新車情報

GRスーパースポーツコンセプト TS050を市販スポーツカーに!?

更新日:

トヨタがGRスーパースポーツコンセプトのテストカーを公開しました。
WEC(世界耐久選手権)に参戦中のマシン「TS050」とほぼ同じパーツで構成された、次世代スーパースポーツのコンセプトカーです。

今回はGRスーパースポーツコンセプトの概要についてお伝えします。

sponsored link


GRスーパースポーツコンセプトの概要

エクステリア

GRスーパースポーツコンセプト フロント
GRスーパースポーツコンセプト リア
GRスーパースポーツコンセプト フロント・スリークォーター
GRスーパースポーツコンセプト サイド
GRスーパースポーツコンセプト リア・スリークォーター

ル・マン・プロトタイプ(LMP)のようなスタイリングをしています。
ただしリアウィングの高さに関しては、こちらの方がかなり低いです。

現役のレーシングカーからスポーツカーを作るというコンセプトらしいのですが、GRスーパースポーツコンセプトにはヘッドライト等の装備はありません。
市販車らしい装備といえば、ノーズ先端のトヨタマークくらいですね。
ゆえにテストカーという位置付けなのでしょうか。

ホイールサイズは18インチですが、タイヤは330という幅広なものを履いています。
「市販車のコンセプトカー」というよりも、「レーシングカーが市販車に近づいていくファーストステップ」といった感じの車なのでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

GRスーパースポーツコンセプト シャシー

2.4リッターV型6気筒ツインターボと、トヨタのレース用ハイブリッドシステムであるTHS-Rによるシステム総出力は、なんと1000psです。
高効率のハイブリッドを希薄燃焼エンジンと組み合わせることで、ハイパワーと環境性能を両立することに成功しています。

これら絵空事ではなくて、ル・マン24時間レースで実績のある「現実に存在する」パワートレインですから、市販化も可能かもしれませんね。

レーシングカーの技術をそのまま市販車に持ち込んだ車としては、メルセデスAMG プロジェクト・ワンがすでに存在します。
GRスーパースポーツコンセプトのパワートレインは、ル・マン24時間レースで実績のあるものですから、実際に市販化できるかもしれません。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

関連コンテンツユニット

-トヨタの新車情報, モータースポーツ, ル・マンなど耐久レース, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.