その他モータースポーツ モータースポーツ

ケーニグセグ・アゲーラRSが市販車の世界最高速度記録を更新! ブガッティを越えた!

更新日:

ケーニグセグ・アゲーラRSが、公道走行可能な(つまりストリート・リーガル)な車としての世界最高速度記録を更新しました。

ケーニグセグ・アゲーラRS

今回はアゲーラRSが樹立した偉大な記録の詳細についてお伝えします。

sponsored link


アゲーラRSの世界最高速度記録

走行はアメリカ・ネバダ州のパランプという場所で行われました。
ドライブを担当したのは、ケーニグセグのワークスドライバーであるNiklas Liljaです。

走行は2回に分けて行われ、それぞれの最高速度の平均が記録として採用されます。
アゲーラRSは、1回目の走行で436.45km/h(271.2mph)を記録、2回目の走行ではそれをさらに上回る458.01km/h(284.6mph)を叩き出したのです。

Koenigsegg Agera RS hits 284 mph - VBOX verified
Two runs in the Koenigsegg attempting to break the World Production Speed Record on a closed road in Nevada. Data and video recorded using a Racelogic VBOX HD2.

Koenigsegg Agera RS hits 284 mph - VBOX verified

2回の最高速度を平均すると、447.23km/h(277.9mph)となり、ブガッティ・ヴェイロン・スーパースポーツが2010年にマークした、431.072km/h(267.856mph)という世界最高速度記録を更新しました。

ブガッティ・ヴェイロン 16.4 スーパースポーツ

しかしアゲーラRSが更新した記録は、これだけではありません。

目次に戻る

アゲーラRSの0-400-0km/hタイムの記録

世界最高速度記録を樹立する1ヶ月ほど前に、アゲーラRSはもう1つの世界記録を打ち立てていました。
それは停止状態から加速し、400.72km/h(249mph)に到達した後、再び停止するまでのタイムです。

このタイムの世界記録をアゲーラRS以前に保持していたのも、やはりブガッティでした。
ブガッティ・シロンは0-400-0km/hのテストにおいて、41.96秒を記録しています。

ブガッティ・シロン
BUGATTI Chiron 0-400-0 km/h in 42 seconds – A WORLD RECORD #IAA2017
World record for the BUGATTI Chiron: the 1,500 PS super car has accelerated from a standing start to 400 km/h (249 mph) and braked back to a standstill in just 42 seconds (41.96). This is the fastest time ever reached and officially measured for this driving manoeuvre for a production vehicle throughout the world. The Chiron completed the manoeuvre in a distance of only 3.112 kilometres. This underscores the supercar’s unique position in the extreme performance range. The world record was set by Juan Pablo Montoya, winner of the Formula 1 Monaco Grand Prix, two-time winner of the Indy 500 and three-time winner of the 24 hours of Daytona. The 0-400-0 manoeuvre is the first step on the way to a new world speed record for production vehicles which Bugatti intends to set in 2018 and a further highlight in the success story of the Chiron. Please note: The video shows the actual 0-400-0 run in real time, so it is 41.96 seconds long. Fuel consumption, l/100km: urban 35.2 /extra urban 15.2 /combined 22.5; CO2 emissions, combined, g/km: 516; efficiency class: G

BUGATTI Chiron 0-400-0 km/h in 42 seconds – A WORLD RECORD #IAA2017

アゲーラRSがシロンの記録に挑むのは、当初無謀だと思われていました。
シロンが4輪駆動(4WD)なのに対し、アゲーラはMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)の2輪駆動(2WD)だからです。
4WDと2WDでは、トラクションに圧倒的な差が生じてしまいます。
しかもパワーとトルクでも劣っているのですから、アゲーラRSに勝ち目は無いと思われていました。

ところがフタを開けてみると、アゲーラRSの0-400-0km/hタイムは36.44秒で、逆に圧倒的な大差がついたのです。

Koenigsegg Agera RS 0-400-0
On October 1st, 2017, a Koenigsegg Agera RS drove from 0 km/h to 400 km/h and back to 0 in 36.44 seconds. The Agera RS was driven by Niklas Lilja and the run was made at an airfield in Vandel, Denmark. #0-400-0 -------------------------------------- Film: Sebastian von Koenigsegg and Johan Bohlin Music: Simon Osterhold-Slide (www.artlist.io)

Koenigsegg Agera RS 0-400-0

大差がついた理由は、400km/hに到達するまでの時間にありました。
シロンは32.6秒を要したのに対し、アゲーラRSは26.88秒で400km/hに到達していたのです。

2WDなのに加速で勝った理由は、車重の軽さ優れた空力特性にあると言われています。
アゲーラRSはただ最高速が伸びるだけでなく、加減速にも優れているのです。

しかも今回の最高速度記録更新に合わせて、0-400-0km/hにも再チャレンジした結果、アゲーラRSは33.87秒をマークし、自身の持つ記録を大幅に更新しました。
シロンのタイムを10秒近くも縮める大記録です。

目次に戻る

アゲーラRS、ヴェイロン、シロンのスペック比較

最後に今回登場した3台のマシン──アゲーラRS、ヴェイロン・スーパースポーツ、シロン──のスペックを載せておきます。

項目 アゲーラRS ヴェイロンSS シロン
全長(mm) 4293 4466 4544
全幅(mm) 2050 1998 2038
全高(mm) 1120 1206 1212
ホイールベース(mm) 2662 2710 2711
パワー(ps) 1360 1200 1500
トルク(Nm) 1371 1500 1600
車両重量(kg) 1395 1888 1996
駆動方式 2WD 4WD

アゲーラRSとヴェイロンSSのパワーとトルクに関しては、速度記録チャレンジ車両の数値です。
その他は市販車の数値から引用しています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-その他モータースポーツ, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.