ケーニグセグ ジェメーラ 1,700馬力のファミリーカー!?

2020年3月6日他メーカーの新車情報ハイパーカー

Koenigsegg Gemera

ケーニグセグが新たに発表したジェメーラは、なんと4人乗りです。

そして最高出力は1,724ps(1,700bhp)もあります。
出力1MW(約1,360ps)超の車を「メガ・カー」と呼ぶので、ジェメーラは「メガGT」と言うべきかもしれません。

今回はケーニグセグ ジェメーラの概要をご覧ください。


ケーニグセグ ジェメーラの概要

エクステリア

画像はクリック(タップ)で拡大できます。

Koenigsegg Gemera
ケーニグセグ ジェメーラ

Koenigsegg Gemera front
エンジンはリアに搭載されている。

Koenigsegg Gemera front three quarter
スリークなデザインでかっこいい。

Koenigsegg Gemera headlight
LEDが並ぶヘッドライト。

Koenigsegg Gemera door open front
ドアは流石に長い。

Koenigsegg Gemera door open side
2ドアの4シーターだが、ドアが長いので後席の乗降性は良さそうだ。

Koenigsegg Gemera mirror camera
サイドミラー代替のカメラ。

Koenigsegg Gemera top
キャビン部分の長さがよく分かる。

Koenigsegg Gemera rear
エンジンが高い位置に搭載されているので、排気口の位置も高い。

Koenigsegg Gemera taillight
テールライトのLEDデザインはヘッドライトと同様だ。

目次に戻る

インテリア

Koenigsegg Gemera interior
ジェメーラのインテリア

Koenigsegg Gemera cockpit
至るところにカーボンが使われている。タッチスクリーンもデカい。

Koenigsegg Gemera dashboard
Aピラーの付け根にはサイドカメラの映像を映すモニタ。

Koenigsegg Gemera seats
後席は意外と広い。

Koenigsegg Gemera rear seat
後席用のインフォテイメント・ディスプレイも用意されている。

Koenigsegg Gemera cabin
ルーフ中央がサンルーフになっているので、閉塞感は少ない。

温冷カップホルダーがそれぞれ4つずつ、インフォテインメント用のディスプレイはリアシートにも用意されています。
スマホ用の無線充電器も前席・後席に設置。
Apple CarPlay、インターネットおよびWi-Fi、11スピーカーのプレミアムサウンドシステム、外部および内部カメラ、 4つの読書灯、低反発シート、フロント電動パワーシート、トリプルゾーンコントロールエアコンなど、快適装備は充実しています。

目次に戻る

シャシー

オールホイールステアリングトルクベクタリングが搭載されています。
ジェメーラのホイールベースは3,000mmもありますが、ケーニグセグによると小型車並の回転半径を実現しているそうです。

安全性にも注力されており、6つのスマートエアバッグ、スタビリティコントロール、トラクションコントロール、ABS、ADASなどが装備されています。
それに加えて堅牢なカーボンモノコックですから、「ファミリーカー」としての備えは万全といえるでしょう。

目次に戻る

パワートレイン

Koenigsegg Gemera Powertrain

ジェメーラは1,724ps・3,500Nmの出力・トルクを誇りますが、エンジンは2.0リッター・直列3気筒ツインターボです。
エンジンが発生するのは600ps・600Nmとなっています。
リッターあたり300psなので、かなり凄いエンジンですが、それでも1,100ps足りません。

それを補うのが3つの電動モーターです。
2つは左右のリアホイールそれぞれをアシストし、残りの1つはクランクシャフトにマウントされるという、ユニークな配置になっています。

ジェメーラの0-100km/h加速1.9秒という驚異のパフォーマンスを実現しながらも、50kmのEV走行が可能です。
またバイオエタノール配合ガソリンを使用することもできます。
800Vシステムを搭載しているようなので、充電時間もかなり短いはずです。

目次に戻る

価格

ジェメーラは300台の限定生産となります。
価格は約100万ドルになる予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath