トヨタ 新型クラウン・クロスオーバー 伝統を自ら打ち破る革新的パッケージ

トヨタの新車情報AWD, クーペsuv, ストロングハイブリッド

Toyota Crown Crossover
クラウン・クロスオーバー(米国仕様)

トヨタ新型クラウンを発表しました。
4つのボディタイプが同時に発表されるという、前代未聞のワールドプレミアとなりました。

Toyota Crown Sedan Front
新型クラウンセダン

Toyota Crown Sedan Rear
伝統的なプロポーションを持つが、これまでのクラウンとはイメージが全く異なる。

Toyota Crown Sport Front
こちらはクラウンスポーツ

Toyota Crown Sport Rear
SUVやハッチバック的な外観だ

Toyota Crown Estate Front
こちらはクラウンエステート

Toyota Crown Estate Rear
エステートという名前だが、ステーションワゴンっぽさはない。

今回は4台の中で最初に発売されるクーペSUV「クラウン・クロスオーバー」の概要を御覧ください。

Related Posts

クラウン・クロスオーバーの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。
キャプションに断りの無い写真は全て米国仕様のものです。

Toyota Crown Crossover Front corner
クラウン・クロスオーバー

Toyota Crown Crossover Front corner
米国仕様の最上級グレード「Platinum」は、印象的な2トーンのカラーリングとなる。

Toyota Crown Crossover Nose
bZ4Xからの影響を感じさせる顔つきだ。

Toyota Crown Crossover Wheel
標準的なグレードのホイールは19インチ。

Toyota Crown Crossover Wheel
上級グレードは21インチホイールを装着する。

Toyota Crown Crossover Headlight
4眼式のLEDヘッドライト

Toyota Crown Crossover Front
フロントの大部分は塞がれており、開口部はわずかだ。

Toyota Crown Crossover Side
最大の特徴であるプロポーション。滑らかなルーフラインが美しい。

Toyota Crown Crossover Rear corner
ボディ側面はキャラクターラインに頼らず、面の抑揚で表現されている。

Toyota Crown Crossover Rear
リアは流行りの横一文字テールライト。テールゲート開口部下端はかなり高い位置にある。

ボディサイズ

寸法と重量
全長(mm) 4,930
全幅(mm) 1,840
全高(mm) 1,540
ホイールベース(mm) 2,850
車重(kg) 1,750~1,920

数値は日本仕様のものです。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。
キャプションに断りの無い写真は全て米国仕様のものです。

Toyota Crown Crossover Japan version Interior
クラウン・クロスオーバーのインテリア。写真は日本仕様。

Toyota Crown Crossover Cockpit
なんとなく力強い印象のあるステアリング。米国仕様の写真なのでステアリング中央のロゴがトヨタのマークになっているが、日本仕様はクラウンのロゴとなる。

Toyota Crown Crossover Meter
フル液晶メーターが採用されている。画面サイズは12.3インチ。

Toyota Crown Crossover Display
タッチスクリーンのサイズも12.3インチとなっている。

Toyota Crown Crossover Console
セレクターレバーは小ぶりなものを装着。カップホルダーが縦配列なのが気になる。

Toyota Crown Crossover Charger
置くだけ充電も用意されている。その横にはUSBポートもある。

Toyota Crown Crossover Front seat
フロントシートのサイドサポートは小さめで、コンフォート重視のフォルムをしている。

Toyota Crown Crossover Rear seat
クーペSUVだが、リアシートの頭上にも余裕がありそうだ。

Toyota Crown Crossover Panoramic roof
巨大なパノラミックルーフが開放感のある室内を演出している。

Toyota Crown Crossover Sound system
日本仕様だと「トヨタプレミアムサウンドシステム」と表記されているので、JBLは米国仕様のみのようだ。

目次に戻る

シャシー

TNGA-Kプラットフォームが採用されています。これはカムリやRAV4などと同じものです。
しかしリアサスは新開発のマルチリンク式が採用され、剛性が向上し、駆動トルクに対するレスポンスが速くなりました。また、リアサスアームの配置が最適化されたことで、垂直方向の姿勢変化を抑え、フラットなドライブフィールを得ることに成功しています。
最上級グレードにはアダプティブバリアブルサスペンションも用意されます。

また、トヨタはステアリングギアを固定する新しい方法を採用。剛性感がありダイレクトなステアリングフィールを実現しつつも、騒音や振動を抑えています。

米国仕様にはアクティブコーナリングアシストを備えた電子制御ブレーキシステムが搭載されるようですが、日本のプレスリリースには記述がありません。

目次に戻る

パワートレイン

2.4リッター・直列4気筒ガソリンターボ+ハイブリッドと、2.5リッター・直列4気筒ガソリン自然吸気+ハイブリッドの2種類が用意されます。
2.4リッター・ターボハイブリッドは、エンジンが272ps・460Nm、フロントモーターが82.9ps・292Nm、リアモーターが80.2ps・169Nmを発生します。
2.5リッター・ハイブリッドはエンジンが186ps・221Nm、フロントモーターが119.6ps・200Nm、リアモーターが54.4ps・121Nmを発生します。

駆動方式は全車E-Fourですが、ターボハイブリッド車のみ「E-Four Advanced」という新開発のシステムが搭載されています。これは前輪と後輪の駆動力を70:30から20:80まで制御できるため、後輪駆動的な旋回性の高さや加速の良さ、直進安定性を得ることができます。
また、E-Four Advanced搭載車(つまりターボハイブリッド車)には、ダイレクトシフト6ATが搭載されているのもポイントです。油圧式マルチプレート湿式スタートクラッチのおかげで、ハイレスポンスな加速が楽しめます。

目次に戻る

価格・発売日

クラウン・クロスオーバーは、435~605万円で販売されます。
発売は秋頃の予定だそうです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath