アルピーヌ A110のEVプロトタイプ

Renaultの新車情報EV, スポーツカー

Alpine A110 E-Ternité

アルピーヌがEVスポーツカーのプロトタイプ「A110 E-Ternité」を公開しました。
車名はeternité(エタニティ)と引っかけているのだと思うのですが、どう読むのかは不明です。

今回はA110 E-Ternitéの概要をご覧ください。

Related Posts

A110 E-Ternitéの概要

エクステリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Alpine A110 E-Ternité Front corner
アルピーヌ A110 E-Ternité

Alpine A110 E-Ternité Front
フロント周りはICE搭載車と同様だが、ヘッドライトにアイラインが入っている。

Alpine A110 E-Ternité Side
ホイールアーチに青いアクセントが入っている。

Alpine A110 E-Ternité Rear corner
ICE搭載のA110とは異なり、ルーフが取り外せるようになっている。

Alpine A110 E-Ternité Pillar
ピラー部分にはフランス国旗のオーナメント。

Alpine A110 E-Ternité Rear
EVなのでセンター出しマフラーの部分はリアフォグに置き換わっている。

目次に戻る

インテリア

画像をクリック(タップ)すると拡大できます。

Alpine A110 E-Ternité Interior
基本的なデザインはICE搭載のA110と同じだが、シート表皮のキルティング加工や、ディスプレイサイズが異なる。

Alpine A110 E-Ternité Steering wheel
ステアリングの上部には白いアクセント

目次に戻る

シャシー

前後重量配分を適正化するために、アルピーヌはバッテリーを12個のモジュールに分割し、4つをフロントに、8つをリアに搭載するという方法をとっています。これにより前後重量配分は42:58となりました。ICE(内燃機関)搭載のA110と比較すると、A110E-Ternitéは1%だけリア寄りの重量配分になっています。
目標とする車重は1,320kgだそうです。

サスペンションは前後ダブルウィッシュボーンのままですが、スプリングレートが強化され、代わりにリアのスタビライザーが柔らかくなっています。ダンパーはオーリンズ。ホイールは18インチで、タイヤはフロントが215/40、リアが245/40です。

目次に戻る

パワートレイン

バッテリーとモーターはメガーヌ E-Techから流用しています。
最高出力は243ps、最大トルクは300Nmです。
A110 E-TernitéはEVですが、2速のDCTを搭載しています。0-100km/hは4.5秒と、ICE搭載のA110から0.1秒遅いタイム。最高速は250km/hです。

バッテリー容量は60kWhで、その重量は392kgもあるそうです。ちなみにバッテリーとモーターを合わせた重量は、ICEの同等物を258kg上回っているのだとか。
航続距離は418.4kmとなっています。

目次に戻る

価格・発売日

A110 E-Ternitéはプロトタイプなので、市販されるかはわかりません。現行型のA110が販売されている間に、少量が生産・販売されるのではないかと言われています。
もし販売されるとすれば、ICE搭載のA110よりも高価になるのは確実です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Related Posts

Posted by dangoliath