ダイハツ車の評価・口コミ

ダイハツウェイクの評価・口コミまとめ 目覚めたのはダイハツ自身!?

sponsored link

ウェイク_外観

画像の出典: daihatsu.co.jp

N-BOXにしてやられたダイハツの「反撃」

ダイハツタントおよびタントカスタムは、軽トールワゴン+スライドドアのパッケージングにおいて長らく王者に君臨していました。しかし2011年12月に発売されたホンダ・N-BOXは、常識破りの発想で軽自動車の室内をさらに広くし、瞬く間にタントから王座を奪い取ってしまいました。

ダイハツウェイクは、N-BOXの対抗車種として作られたフシがあります。その根拠は全高です。

軽は全長と全幅が規制されていますから、伸ばせるのは全高だけです。ウェイクはN-BOX以上の室内空間を確保するために、N-BOX以上の高さにするしかありませんでした。

高すぎた屋根

しかしそのために、ウェイクの全高は1850mmとなってしまいました。wikipediaによれば、自走式立体駐車場の高さ制限は平均1790mmとのことなので、ウェイクは多くの立体駐車場を利用できません。ちなみにN-BOXの全高は1780mm(2WD)に抑えられています。タントは1750mmです。

全高が高くなれば重心位置も高くなりますから、ハンドリングに悪影響を及ぼしますし、横転の危険性も高まります。横風にも弱くなります。

ウェイクがN-BOXの対抗モデルでなければ、これほどの背高にする必要はなかったでしょう。メリットよりもデメリットが多すぎるからです。ウェイクがことさらアウトドアのイメージを打ち出しているのも、都市部では立駐が使えないからかな……などと勘ぐってしまいます。

ウェイクはビジネス用途に使えそう

しかし高さのおかげで、ウェイクが独自の個性を獲得したのも事実です。何しろあの「ルノー・カングー」よりも全高が高いのですから、商用車としても十分活用できると思います。撥水シートなんて、まさにうってつけですよね。ダイハツがウェイクを、カングーみたいなオシャレ商用車路線で売り出すことに期待しましょう。

前置きが長くなりました。それではまとめをどうぞ。

sponsored link

目次
  1. インテリア
  2. ナビ・電装系
  3. エクステリア
  4. エンジン・燃費
  5. ハンドリング・取り回し
  6. 乗り心地・静粛性
  7. 安全性
  8. 価格・値引き額

インテリア

内装はプラスチッキーで、高級感はありません。黒一色の内装はかっこいいですけどね。

ウェイク_内装

画像の出典: daihatsu.co.jp

本革巻きステアリングは滑りにくいと評判です。◯バルさん、見習ってください。

ウェイク_ステアリング

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

シートはフラットなのでホールド性には期待できませんが、柔らかく座り心地は良いそうです。

ただし後席はシートバックの高さが低く、ヘッドレストをかなり引き上げないといけません。リアシートが2400mmスライドするなど、シートアレンジは良いのですが……。

ウェイク_リアシート

画像の出典: autoc-one.jp

前席足元はやや狭め。後席の足元はタントより広いです。天井の高さは言うまでもないでしょう。後席はタントより視点が高く、見晴らしが良いとのこと。

後席の窓は半分くらいまでしか開きません。まあ全開にする人もそうはいないでしょうから、問題は無いと思いますが。

ウェイク_リアウィンドウ

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

リアドアサンシェードは夏場に嬉しい装備です。

ウェイク_リアドアサンシェード

画像の出典: car.watch.impress.co.jp

最近の車としては珍しく、小物収納は多めです。

ウェイク_ハイパーインパネ
収納スペース豊富な「ハイパーインパネ」

画像の出典: daihatsu.co.jp

タントとの最大の違いはラゲッジスペースの広さです。ゴルフバックを「立てて」積むことができるとか。

ラゲッジスペースの床下収納も大容量です。クーラーBOXも入ります。

ウェイク_ラゲッジアンダートランク

画像の出典: autoc-one.jp

目次に戻る

ナビ・電装系

センターメーターに慣れない人もいるようです。センターメーターは視線の移動量が少なくて済むのですが、今はナビの装着が当たり前なので、センターメーターがあると逆にナビへの視線の移動量が増えてしまいます。ポータブルナビを使う場合は設置場所がありません。

ウェイク_センターメーター
センターメーターの位置にナビがあった方が見やすい。

画像の出典: autoc-one.jp

メーカーオプションの8インチナビは見やすいのですが、画面表示がやや古臭いとのこと。迷ったらカロッツェリアがおすすめだそうです。

メーカーオプションの6.2インチナビも、ワンセグやスマホ連携、HDMI端子、USB端子、DVD再生、Bluetoothハンズフリー、ステアリングスイッチ、バックカメラなどがセットで86400円とお買い得です。

あとオーディオに関しては、ダイヤトーンがおすすめみたいですよ。

エクステリア

LEDヘッドライトは明るくて高評価です。

スライドドアがボタン1つで開けられるのは嬉しいですね。

「G」の15インチアルミホイールは洗いづらいそうです。デザインは良いんですけどね。

ウェイク_ホイール

画像の出典: autoc-one.jp

ウェイクにはドアミラーウインカーがありません。ダイハツはカスタム系のモデルにしかドアミラーウインカーが付いておらず、スズキに遅れを取っている感があります。

目次に戻る

エンジン・燃費

実燃費 複合:15~17.7km/L 街乗り:12~16km/L 郊外・高速道路:17~19km/L

ターボモデルでもパワーは十分とは言えません。アクセルを強く踏み込まないと加速しない感じで、モッサリ感があるとのことです。

目次に戻る

ハンドリング・取り回し

車重と全高を考えれば、ウェイクのハンドリングはかなり健闘していると言えます。けれどステアリングを切り込んでも思ったほど曲がってくれません。特にコーナーが連続するような場所では、ドライバーはストレスを感じるようです。

横風は軽トールワゴンの天敵ですが、ウェイクは特にそうです。強風時は気をつけましょう。

視点の高さはミニバン並み、視界も広いので運転しやすいそうです。

目次に戻る

乗り心地・静粛性

重心が高く車重も重いボディを支えるためなのか、足回りは硬めです。よって乗り心地もそれなりのものとならざるを得ません。特に後席の突き上げはキツイようです。

ガタピシ音がするのはちょっと残念ですね。

目次に戻る

安全性

◯=標準装備 △=メーカーオプション ☓=設定なし

名称装備
横滑り防止装置
衝突被害軽減ブレーキ◯※1
クルーズコントロール
車線逸脱警報
レーンキープアシスト
アダプティブヘッドライト
ブラインドスポットアシスト
ヒルスタートアシスト
運転席・助手席エアバッグ
サイドエアバッグ

※1 各グレードの"SA"に標準装備

価格・値引き額

最上級の「G」だと、オプション込みで200万円を超えてしまいます。最近の軽自動車全般に言えますが、車両価格が高すぎます。

本体値引き 平均8.46万円 最大15万円

オプション値引き 平均9.23万円 最大15万円


新車から廃車になるまでの期間、平均11.68年

10年落ちシエンタの査定額が、一括査定だと下取りより13万円アップしました。車検が近いときや、ほしい車を見つけたときには、とりあえず今の愛車を査定してみましょう。買い替えが捗る可能性です。

Goo買取

情報を入力するだけで、査定前に相場額がわかります。

Goo買取で愛車の相場をチェック!


カーセンサー

買取店との連絡をメールのみに限定できる、唯一の一括査定サービスです。入力画面の任意項目: 売却希望時期など……のメニューを開き、連絡希望時間帯の項目に「連絡はメールのみ希望」と書き込めばOK。厄介な営業電話を防げます。

カーセンサーで安心の無料査定


ズバット

100万人が利用した、定番の一括査定サービスです。もしトラブルが発生しても、電話サポートもあるので安心です。入力も簡単、対応の速さにも定評があります。

ズバットで10社の査定額を比較する(無料)

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。スライドドア軽自動車に興味のある方は、以下の記事もぜひご覧ください。

人気のスライドドア軽自動車 おすすめランキング

sponsored link

Category: ダイハツ車の評価・口コミ
Tag:

戻る