チューニング 自動車文化

東京オートサロン2016注目エアロパーツ NDロードスター編

sponsored link

気になるチューニングロードスターをピックアップ!

1月15日から千葉県の幕張メッセにて、第34回東京オートサロンが開催されます。

オートサロンとは?

カスタムカーの祭典で、当初はアンダーグラウンドなイメージのあったイベントですが、近年では自動車メーカーも出展する大規模なイベントに成長しました。

オートサロンで参戦体制を発表するレーシングチームもあるので、モータースポーツファンにとっても注目のイベントとなっています。

ロードスターの大量出展

チューニングカーにおける今年の目玉は、やはりマツダ・ロードスターでしょう。チューニングやカスタムの程度に差はあれど、なんと19台ものNDロードスターが出展されるのですから。

ロードスターのチューニングに変化?

チューニングパーツメーカーであるBLITZとトラストは、NDロードスターのターボ仕様を出展する予定です。

ロードスターというとNAのまま軽量化や足回りの強化を施して、生来の素性の良さを引き出すようなチューニングが主でした。どちらかというと、ターボチューンは毛嫌いされていたように思います。

ターボは今度こそ受け入れられるか?

NB8Cにはターボグレードが設定されていましたが、1代限りで無くなってしまいました。ロードスターのファン層は、ターボを好まなかったのでしょう。

BLITZはボルトオンターボキットを開発中とのことですが、ロードスターのターボチューンが流行る下地は無さそうに見えます。

86/BRZのボルトオンターボが好評だったからこそ、NDのも開発しているのだと思いますが、2匹目のドジョウは果たしているのでしょうか。

目次

  1. BLITZ ロードスター
  2. KUHL RACING NDロードスター
  3. KNIGHT SPORTS ロードスター
  4. Kansai ロードスター
  5. AIMGAIN ロードスター
  6. DAMD ROADSTER DARK KNIGHT
  7. GReddy ND ロードスターターボ

sponsored link

BLITZ ロードスター

ロードスター_BLITZ

画像の出典: tokyoautosalon.jp

上述のとおり、BLITZのロードスターはターボ仕様です。冷却系、スロットルコントローラー、NUR-SPECマフラーなど、一通り手が加えられています。

エアロは同社のブランド「AERO SPEED R-CONCEPT」ですね。このシリーズはスリークなデザインでとてもかっこいいです。

車高調はDAMPER ZZ-R SpecDSCが装着されています。電子制御で減衰力調整が可能なダンパーキットです。スプリングはフロント5K、リア2.5Kのストリート仕様。

ホイールは「エンケイ Racing RPF1」、タイヤは「ダンロップDIREZZA ZⅡ★SPEC」の16インチです。

目次に戻る

KUHL RACING ND ロードスター

KUHLというと今回のオートサロンに出展するド派手なGT-Rが話題を呼んでいますが、NDロードスターのカスタムにも注目です。

ロードスター_KUHL

画像の出典: tokyoautosalon.jp

画像にはありませんが、出展車両にはスワンネックGTウイングが付くようです。

変更点は、ボディキット5点セットにセンター2本出しマフラー、AIRREXのエアサス、WORK戦18インチホイールと、エアロパーツメーカーらしくルックス重視のカスタムが施されています。

NDロードスターは抑揚の強いデザインですが、直線的なデザインのエアロも意外と似合いますね。

目次に戻る

KNIGHT SPORTS ロードスター

ロードスター_ナイトスポーツ

画像の出典: tokyoautosalon.jp

ロータリーエンジンのチューナーとして名を馳せたナイトスポーツ。老舗が手がけたNDロードスターは、アスリートを思わせるようなストイックな外観です。

エアロキット「GRAND EFFECT」は、ノーマルよりも精悍な印象ですね。オーバーフェンダーも迫力があります。

チューニングはCPU・チタンマフラー・ダンパー・クラッチが変更されたライトチューン。ホイールは「ADVAN Racing RZⅡ」、タイヤは「ADVAN NEOVA」の17インチです。

目次に戻る

Kansai ロードスター

長きに渡り第一線で活躍している有力チューナー・KansaiサービスのNDロードスターは、ノーマル然としていて、一見しただけでは違いがわかりません。

ロードスター_Kansaiサービス00

画像の出典: tokyoautosalon.jp

しかしエアロキットは何とカーボン製! しかも重量増を抑えつつ徹底したボディ補強を行い、オープンカーの弱点となるボディ剛性の低さをカバーしています。

リアタワーバーもトランクの邪魔にならないデザインとするなど、老舗らしい細かな気づかいは流石の一言。

ロードスター_Kansaiサービス01

画像の出典: kansaisv.co.jp

エンジンに関しては、マフラー+CPUのみ。車高調は「HKSハイパーマックスMAX Ⅳ GT」、ホイールは「ADVAN Racing RZⅡ」、タイヤは「ADVAN NEOVA AD08R」の17インチです。

目次に戻る

AIMGAIN ロードスター

まずは画像をご覧ください。

ロードスター_AIMGAIN

画像の出典: tokyoautosalon.jp

ビス止めオーバーフェンダーが大迫力! ロケットバニーやリバティウォークがリバイバルさせたビス止めオーバーフェンダーの人気は、まだしばらく続きそうですね。

チューニングはRS★Rの車高調とマフラーのみ。ホイールは「AIMGAIN GⅡM」というオリジナルデザインのものを装備。タイヤは「ニットーNT05」の16インチと書かれているのですが、画像だとグッドイヤーを履いています……。

目次に戻る

DAMD ロードスターブラックカーボンエディション

オートサロン公式サイトでは上記の名前なのですが、ダムドのサイトだと「ロードスター ダークナイト」となっています。

ロードスター_DAMD

画像の出典: tokyoautosalon.jp

渋くてかっこいい(小並感)。フロントスプリッターと開口部をつなぐ爪のような部分が、アクセントとして効いていますね。

目次に戻る

GReddy ND ロードスターターボ

GReddy_NDロードスターターボ

画像の出典: tokyoautosalon.jp

トラストのNDロードスターは要注目です。ターボ仕様であるだけでなく、ロケットバニーのワイドボディエアロが装着されるからです。

タービンはTD04H。CR-Zのボルトオンターボによく使われていたタービンなので、サイズも同じ15Gになると思われます。

おそらくノーマルインジェクターのままなら30~40psくらいパワーアップできるのではないでしょうか。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。他のオートサロン関連記事もぜひご覧ください。

東京オートサロン2016注目エアロパーツ 86/BRZ編

sponsored link

Category: チューニング, 自動車文化
Tag:

戻る