F1 モータースポーツ

F1バルセロナテスト3日目結果 マクラーレン・ホンダに暗雲

sponsored link

F1_バルセロナテスト_3日目_ハース

色々と起こった3日目

バルセロナテストは3日目を終了しました。メルセデスは相変わらず快調で、周回数が多くなりすぎるため、午前はニコ・ロズベルグ、午後はルイス・ハミルトンが担当するほどでした。

しかし他チームはメルセデスのようにはいかず、これまで順調だったチームがマシントラブルに悩まされたり、逆に不調だったチームが復調したりと、様々な出来事が起こったテスト3日目でした。まずはタイムからご覧ください。

画像の出典: autosport.com


sponsored link

目次
  1. 驚きの面子が1-2
  2. 順調だったかに見えたチームが……
  3. 復調したかに見えたチームも……?
  4. 不気味なウィリアムズ
  5. リオ・ハリアント登場

バルセロナテスト2日目結果

順位ドライバーチームベストタイム周回数
1ニコ・ヒュルケンベルグF・インディア1'23"11099
2ロマン・グロージャンハース1'25"87482
3キミ・ライコネンフェラーリ1'25"97778
4ケビン・マグヌッセンルノー1'26"014111
5ニコ・ロズベルグメルセデス1'26"08474
6カルロス・サインツトロ・ロッソ1'26"239161
7フェリペ・ナッセザウバー1'26"392115
8ルイス・ハミルトンメルセデス1'26"42188
9ダニール・クビアトレッドブル1'26"49774
10フェリペ・マッサウィリアムズ1'26"712109
11ジェンソン・バトンマクラーレン1'26"91951
12リオ・ハリアントマノー1'28"24978

目次に戻る

驚きの面子が1-2

最速タイムを叩きだしたのは、フォース・インディアのヒュルケンベルグでした。1分23秒110というタイムは、これまで3日間のテストで記録されたタイムの中で2番目に速いタイム(1位はフェラーリのベッテルが記録した1分22秒810)です。

F1_2016_バルセロナテスト_3日目_フォース・インディア

画像の出典: @ForceIndiaF1

2位につけたのはなんとハースのロマン・グロージャンでした。タイムこそ平凡ですが、新規参戦チームにとっては大きな励みとなったことでしょう。

テスト3日間の結果を見る限り、フォース・インディアは上位グループで、ハースは中段グループで十分に戦えると思います。彼らがそれぞれのポジションでレースを引っ掻き回して、今シーズンのF1を盛り上げてくれることに期待しましょう。

目次に戻る

順調だったかに見えたチームが……

これまでトラブルもなく、2日連続で最速タイムを記録していたフェラーリでしたが、3日目はのっけからつまづきました。燃料系にトラブルが発生し、そのチェックに時間を取られたため、午前中はたった4周しかできなかったのです。

ただし午後は78周を消化し、ライコネン自体も良い感触を得ているようなので、メルセデス打倒の最右翼であることは間違いないでしょう。

昨年の悪夢がよみがえる

2日間順調に周回を重ねていたマクラーレン・ホンダにもトラブルが発生しました。午後になって5周したところで油圧系にトラブルが発生し出火、ピットの出口付近でマシンを止めてしまったのです。

幸いジェンソン・バトンは無事で、マシンにも大した被害は無かったようですが、3日目の走行はこれで終了。51周しかできませんでした。

マクラーレンのレーシング・ディレクターであるエリック・ブーリエによると、「ちょっとした油圧系からのリークだったが、高音になるところだったので火が出た」とのことですが、昨年の惨状を知るファンからすると、額面通りには受け取れません。

目次に戻る

復調したかに見えるチームも……?

ルノーは3日目になってようやくまともに周回を重ねられるようになり、マグヌッセンが4番手のタイムを記録してきました。トロ・ロッソも遅れを取り戻すべく、サインツが161周もの周回を重ねています。

しかし両者ともにトラブルフリーだったわけではありません。トロ・ロッソはテスト開始直後にコースサイドでストップしましたし、ルノーも終盤にホームストレート上でマシンを止めてしまいました。

F1_バルセロナテスト_3日目_ルノー

画像の出典: autosport.com

ルノー、トロ・ロッソ共に、平凡なタイムしか記録していませんし、トラブルフリーで走れた日が未だに無いことを考えると、まだまだ開発途上という感が否めません。

不気味なウィリアムズ

F1_2016_バルセロナテスト_3日目_ウィリアムズ

画像の出典: @WilliamsRacing

あらゆるメディアが、ウィリアムズをあまり取り上げていません。飛び抜けたタイムを出すわけでもなく、周回数がメルセデスほど多いわけでもないからです。

しかしウィリアムズはこれまでトラブルフリーでテストを続けていますし、3日間で323周もの周回をこなしています。これは3番目に多い周回数です。(1位はメルセデス、2位はトロ・ロッソ)

レースでは信頼性がカギになってきます。どれほど速くても、ゴールに辿りつけなければ意味がありません。シーズン序盤戦では、ウィリアムズが手堅くポイントを奪う展開になりそうです。

目次に戻る

リオ・ハリアント登場

F1_バルセロナテスト_3日目_マノー

画像の出典: autosport.com

インドネシア人としては初めてのF1レギュラードライバーとなったリオ・ハリアント選手が、マノーのステアリングを握りました。

ランチ前にスピンを喫し、赤旗の原因を作ってしまいましたが、78周のテストをそつなくこなしました。タイム的には平凡に見えますが、ハリアント選手はミディアムとハードでテストをしていたので、悲観する必要はないでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: F1, モータースポーツ
Tag:

戻る