その他モータースポーツ モータースポーツ

WRC 2017年車両規定のマシンが走り始めた!

sponsored link

トヨタ_ヤリスWRC 2017

380馬力のWRカーはグループBの再来か

参戦マニュファクチャラー各社の17年規定マシンが、相次いでテストを開始しました。ある1社を除いては、ですが……。

トップ画像の出典: tumbnation.com

sponsored link

目次
  1. WRC 2017年車両規定の特徴
  2. VW ポロWRC 2017
  3. シトロエン C3WRC 2017
  4. トヨタ ヤリスWRC 2017
  5. ヒュンダイ i20 WRC 2017

WRC 2017年車両規定の特徴

パワーアップ

近年のWRCでは、コストダウンや安全性の確保といった目的のために、WRカーの最高出力を300馬力程度に制限してきました。

しかし500馬力のモンスターだったグループBラリーカーと比較すると、最近のWRカーは明らかに迫力が不足しています。その点がWRC人気低迷の一因とみなされ、パワーアップが図られることになりました。

2016年までのWRカーは、33φのリストリクターの装着を義務付けられています。2017年からはこれが36φに拡大されるため、80psの馬力向上が見込まれています。300→380psとなるわけです。

ワイドボディ化

かつてのグループBラリーカーは、ちりとりみたいなフロントバンパーや、冗談かと思うほど巨大なリアスポイラー、そして大きく張り出したオーバーフェンダーが装備され、ベースモデルからかけ離れた異様な姿でした。

アウディ_グループBクワトロ

画像の出典: redbull.com

2017年規定のWRカーは全幅が55mm拡大されるため、グループBラリーカーのような迫力ある造形に生まれ変わります。

ダウンフォースの増大

リアウィングが大きくなり、より大きなダウンフォースを得られるようになります

もちろんリアのダウンフォースだけを増やしたのではアンダーステアが酷くなるだけですから、フロントのダウンフォースも高めなくてはなりません。幸いにも車体がワイドになったので、フロントのダウンフォースも以前よりは増やしやすいはずです。

軽量化

最低重量が1200kgから1175kgに軽減されます。パワーアップと相まって、パワーウエイトレシオは4.00kg/psから3.09kg/psになるわけですから、もはやクラス違いの車といっても過言ではありません。

パワーウエイトレシオの改善によって加速性能が良くなるだけでなく、軽量化とワイドボディ化による相乗効果で、コーナリングスピードも飛躍的に向上するでしょう。

目次に戻る

VW ポロ WRC 2017

フランスでのターマックテスト。ヤリ-マティ・ラトバラのドライブです。

こちらもターマックテスト。ドライバーはセバスチャン・オジェ。

ターマックでは、やはりオジェの方が無駄が無くスムーズなドライビングですね。サーキット用のレーシングカーみたいなポロWRC'17の動きは、ダウンフォースの大きさを物語っています。2017年も大本命でしょう。

目次に戻る

シトロエン C3 WRC 2017

C3WRCのグラベルテスト映像。ドライバーはクリス・ミークです。

コーナリング時のアンダーステア傾向はまったくありません。にもかかわらずトラクションのかかりも良さそうで、低速コーナーからの立ち上がりはまるでロケットのようです。

シトロエンは2016年のWRCにワークスエントリーせず、2017年規定マシンの開発に集中しています。また2連覇中のWTCCプログラムを、2016年限りで打ち切る決定を下し、2017年以降はWRCにリソースを集中させる方針です。

VWとトヨタを相手に勝負に打って出たシトロエンですが、映像を見るかぎり、フランスメーカーの戦略は功を奏しつつあるようです。

目次に戻る

トヨタ ヤリス WRC 2017

トヨタは本拠地フィンランドでテストを行っています。ドライバーは不明です。

以前のTMG版ヤリスWRCは白一色でしたが、映像のものはカモフラージュが施されています。おそらくトミ・マキネン・レーシング主導で作り直されたのが、映像のヤリスWRCなのでしょう。

映像が直線区間を映したものばかりなので、コーナリング性能を推し量る手がかりがありません。でもジャンプ後の着地姿勢は非常に安定しているので、サスペンションの完成度はかなり高いと思われます。

目次に戻る

ヒュンダイ i20 WRC 2017

2017年にエントリーする予定のマニュファクチャラーの中で、ヒュンダイの17年仕様WRカーだけは、まだ映像が公開されていません。おそらくは開発が遅れているためだと思われます。

ヒュンダイは2016年に新車を投入した唯一のマニュファクチャラーです。つまり2015年の後半に、たった1年間しか使えないマシンを開発していたということになります。

他のマニュファクチャラーは、同じ時期に2017年規定のマシンを開発していました。だからこそ早々に実走行テストを始められたわけです。

ヒュンダイとしては2016年にタイトルを取るつもりだったのでしょう。けれど新車のi20 WRC'16は、開発をすでに終了しているポロWRCのパフォーマンスに劣っています。シトロエンとは対照的に、ヒュンダイの戦略は失敗だった可能性が高いです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: その他モータースポーツ, モータースポーツ
Tag:

戻る