テクノロジー・業界分析 批評

シボレー・BOLT EVのバッテリー容量は、8年で40%も劣化!?

更新日:

テスラのライバルとして注目されているシボレー・BOLT EV(PHVのVOLTの方ではない)ですが、そのBOLT EVのバッテリー容量が、8年間で最大40%減少する可能性があると、シボレー自らが認めました。

画像の出典: netcarshow.com

sponsored link


BOLT EVのバッテリー劣化問題

画像の出典: netcarshow.com

シボレー・BOLT EVのオーナーズマニュアルによると、8年間もしくは10万マイル(16万km)の保証期間中に、10〜40%のバッテリー容量減少が起こる可能性があると警告されています。

10%程度のバッテリー劣化ならばともかく、40%となれば大問題です。
BOLT EVの航続距離は238マイル(約380km)ですが、40%減少してしまえば142.5マイル(約228km)でしかなくなってしまいます。

もちろん保証期間中ならば、このバッテリー劣化も保証されます。
しかしBOLT EVは1台あたり9000ドルの赤字ですから、その上バッテリー保証の費用負担がのしかかってくるとなると、一体どのタイミングで黒字になるのか心配になってきます。

目次に戻る

テスラのバッテリーは劣化しない?

画像の出典: netcarshow.com

テスラの場合は、バッテリー劣化の保証はありません

しかしイーロン・マスクCEOが明かした研究開発時のデータによると、テスラ・モデルSのバッテリーは50万マイル(80万km)走っても、バッテリーは80%の容量で動作していたとされています。

このことを裏付けるようなデータもあります。
オランダとベルギーのテスラフォーラムでは、モデルSオーナー286人が協力して、バッテリー劣化に関するデータを集計しました。
集計の結果判明したのは、

  • 5万マイル(8万km)で容量5%ダウン(つまり95%で動作)
  • 5万マイル以降はほとんど劣化が見られない
  • 15万マイル(24万km)で容量10%ダウン(つまり90%で動作)

ということでした。
つまりテスラ車の場合は、バッテリー劣化はほとんど気にしなくて良いということです。

シボレーは数十万kmの走行を想定したテストしなかったのか?

テスラと同様にシボレーも、数十万kmの走行を再現したバッテリーのテストを開発時に行ったはずです。
オーナーズマニュアルに記載されている「バッテリー容量の10〜40%減少」という数値も、おそらくテスト段階で明らかになったものでしょう。

保証を充実させて販売するやり方は、問題の発生確率や、想定される被害の大きさ(ハザード)が、事前の予想範囲内に収まっている場合はよいのですが、ひとたび見込み違いが起こると、会社が傾きかねない事態(例:サムスンのスマホ発火問題や、福島原発の事故など)となります。

BOLT EVのバッテリー劣化は、10〜40%とあまりにもバラつきが大きく、しかもそれが8年間という比較的短い期間内に発生するものですから、シボレーにとっては結構リスキーな内容です。
保証によるバッテリー交換が頻発すれば、シボレーの経営に大きな傷跡を残しかねません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-テクノロジー・業界分析, 批評
-, ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.