チューニング 自動車文化

435馬力のアバルト500 ポゲア・レーシング「アレス」

2017/03/25

アバルト500といえば、フィアット500のハイパフォーマンスバージョンですが、そのアバルト500をさらにチューニングしたのが、Pogea Racing(ポゲア・レーシング)の開発した「アレス」です。

ダークグレーにペイントされたアレスは、なんと435psを発生するモンスターマシンとなっています。
今回はこのアレスの詳細についてお伝えします。

sponsored link

アレスのエクステリア

見た目からしてアバルト500とはまるで別物だ。
カーボンボンネットには巨大なエアスクープ。
フロントフェンダーもカーボン。サスはKW製。キャリパーは6potか。
ボディカラーはランボルギーニ・レヴェントンと同じグレー。
サイドステップもカーボン製。
全幅は48mmワイドになっている。
給油口もブラックにペイントされている。
マフラーもブラック。リアバンパーもカーボンだ。

目次に戻る

アレスのインテリア

黒とバイブラントレッドの内装。ナビはパイオニア製。
キルティング加工されたレザー表皮のバケットシート。
リアシートも作り込まれている。
ディンプル加工されたステアリング。
ラゲッジスペースにはタワーバー。

目次に戻る

アレスのエンジン

排気量は1.4リッターとノーマルのままですが、より大きなターボチャージャー、鍛造ピストン、新プロファイルのカムシャフト、強化バルブスプリング、高流量インジェクター、冷却能力の向上などにより、435ps・445Nmというスペックを獲得しています。
リッターあたり馬力は驚異の310ps!です。

当然のことながら、ノーマルのギアボックスではこのハイパワーに耐えられませんから、5速MTのトランスミッションハウジングは補強されています。
クラッチも交換されており、フライホイールは軽量なアルミ製です。

このようなパワートレインを持つアレスの0-100km/hは4.1秒最高速は288km/hとなっています。
加速だけなら911カレラ4S(0-100km/hは4.2秒)よりも上ですから、並のスポーツカーでは簡単に蹴散らされてしまうでしょう。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: チューニング, 自動車文化
Tag: , ,

Recommend

1
日産がトヨタを打ち負かす!? ゴーンCEOはビッグマウスか検証
ルノー日産のカルロス・ゴーンCEOが、「ミッドイヤーには世界1位の自動車メーカー ...
2
デイリーF1ニュース(2017年6月25日号)アゼルバイジャンGP予選結果 他
最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース。本日のヘ ...
3
BMW新型X3(G01)モデルチェンジで軽量化×電動化(PHV)=低燃費に!【6/24更新】
3代目となる新型BMW X3の画像が、正式公開を前にリークされました!CLAR( ...
4
日産 新型リーフの航続距離、価格、スペックなど最新情報【6/22更新】
日産・リーフのフルモデルチェンジが間近に迫っています。このページでは2代目となる ...
5
ポルシェ新型911(タイプ992)新デザインはPHV登場の伏線か【6/21更新】
先ごろマイナーチェンジモデルの911(通称991.2型)を発表したばかりのポルシ ...
6
VW新型ポロ モデルチェンジ後の画像・価格・サイズ・スペックなど【6/17更新】
第6世代となるフォルクスワーゲン・ポロが、ついにお披露目されました。新型のボディ ...
7
ジャガーE-Pace 新型ミッドサイズSUVはデザイン最優先!?【6/21更新】
ジャガーがミッドサイズの新型SUV「E-Pace」を開発中です。登場すればアウデ ...
8
メルセデス・ベンツ次期Aクラス AMG新型A45は400馬力!【6/20更新】
フルモデルチェンジの迫る新型Aクラス(W177)の開発車両が、ニュルブルクリンク ...
戻る