F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年5月14日号) ホンダ、カナダGPでのアップデートを保証せず 他

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • ホンダ、カナダGPでのアップデートを保証せず
  • アロンソ、予選7番手の大殊勲!
  • メルセデス勢の予選後コメント
  • フェラーリ勢の予選後コメント

それではご覧ください。

sponsored link


ホンダ、カナダGPでのアップデートを確約せず

信頼性の面でもパフォーマンスの面でも、一刻も早い改善が望まれるホンダのパワーユニット(PU)ですが、ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は、カナダGPでのアップデートを確約しませんでした。

「明らかにカナダはパワーサーキットなので、新しいエンジンを用意できればいいと思います」と長谷川氏。「しかしそれができるかどうか、私にはわかりません」

スペインGPのフリー走行1では、フェルナンド・アロンソのエンジンに大穴が開き、彼はたった3周しかできませんでした。

「データによると、油圧が低下し最初にオイルを失ったときには、エンジンはまだ回っていました。つまりエンジンは正常だったのですが、再び油圧が低下し、エンジンが壊れてしまったのです。われわれはオイルフィードの機械的問題から、油圧の低下が起こったと考えています」

オフシーズンテストで最初に出たトラブルも、オイル関連でした。たしか横Gでオイルが適切に送り出せない問題だったと記憶しています。

カタロニア・サーキットのターン3(ルノー・コーナー)は、かなり高い横Gがかかるコーナーとして有名です。オフシーズンに出たトラブルが、いまだに解決していないのでなければよいのですが……。

Source: Honda can't guarantee Canadian GP engine upgrade | en.f1i.com

目次に戻る

アロンソ、予選7番手の大殊勲!

フリー走行1ではコースイン即リタイアと、母国GPを最悪の形でスタートしたフェルナンド・アロンソでしたが、予選では素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。

「今日はすべてが完璧だったと思う」とアロンソ。「思ったよりも上手くいった」

「マシンは明らかに予選に合っていたし、7位は贈り物だ。この順位から私たちが出来ることを見ていく。予選とフリー走行3で素晴らしい変更ができた」

車には自信があったとも語ったアロンソ。抜きにくいサーキットですから、スタートさえ決まれば、あとは走りきるだけでポイントを獲得できるはずです。走りきれるかどうかが問題ですが。

Source: Alonso: Seventh place start a ‘gift’ | f1fanatic.co.uk

目次に戻る

メルセデス勢の予選後コメント

ルイス・ハミルトンが予選で見事ポール・ポジションを獲得しました。

「本当に激しい予選だった」とハミルトン。「ポールを取るために、われわれは1ミリ秒ずつ削らなければならなかったよ」

「チームは予選に先立っていくつかの変更を車に加えた。車のフィーリングはすごく良かったので、僕はそれにとても満足していた」

「僕たちのポテンシャルは、フェラーリよりも0.1秒ほど速かった。Q3ではもっと接近していたけどね」

バルテリ・ボッタスは予選3番手に終わりましたが、彼が初優勝を飾ったロシアGPは、3番グリッドからのスタートでした。

「予選中はリアの安定性で苦労していたので、良いリズムを見つけるのが難しかったです」とボッタス。「最高の予選セッションではありませんでしたが、チームが成し遂げた仕事には満足していますよ。今日のルイスはとても速くて強かった」

「ターン1まではソチ(ロシアGPの開催地)に比べて短いですが、過去には2列目から首位に立つことができました。すべての可能性はまだ開かれていると思います」

Source 1: Hamilton delighted to top 'intense' qualifying | en.f1i.com

Source 2: 'Everything is still wide open,' insists Bottas | en.f1i.com

目次に戻る

フェラーリ勢の予選後コメント

セバスチャン・ベッテルは惜しくも2番手でした。彼はアタックラップの第2セクターで最速でしたが、最終シケインで左フロントタイヤをわずかにロックさせてしまい、ハミルトンに0.051秒だけ届かなかったのです。

「僕はそうなることを恐れていたんだ」と、ベッテルは予選後に語りました。カタロニア・サーキットはオフシーズンテストのコースなので、彼も相当な周回数を走り込んでいるはずですが、それでも最終シケインは難しいものだというのです。

「Q3最初のラップでは、僕は完全に満足していなかった。さらにできることがあると知っていたから。2回目のアタックは、最終シケインまでは本当に良かったんだ。でも、ルイスに限りなく近づけただけだったよ……」

予選4番手に終わったキミ・ライコネンは、自身のパフォーマンスにとても失望しているようです。

「スピードがあると思っていたが、ラップをまとめ上げることができなかった。残念だよ、4位だが、とても接近しているのでちょっと痛い」

「車はとても上手く機能している。そのことはとてもハッピーだ。でも、そこかしこで小さなミスを犯していることに少し失望しているし、まだ良いラップを作れていない」

では小さなミスを犯さないためには? という質問に対しライコネンは「もっと上手く運転する! ミスをしない! 秘密なんか無いさ」と答えています。彼らしいですね。

Source 1: Vettel rues chicane mistake after ‘miracle’ rebuild | f1fanatic.co.uk

Source 2: 'P4 okay, but being so close hurts' laments Raikkonen | en.f1i.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年5月13日号)| 車知楽

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年5月15日号)| 車知楽

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.