ニッサンの新車情報 新車情報

新型リーフのスペックをライバルと徹底比較! 旧型リーフやテスラ・モデル3、シボレー・Bolt EVと比べてみた

更新日:

新型リーフ(米国仕様)のスペックと価格が判明しました。
航続距離やボディサイズ、パワー・トルク、価格など、主要な数値のほとんどが掲載されており、新型リーフのキャラクターが一目瞭然です。

今回は旧型リーフや、先ごろ発表されたばかりのテスラ・モデル3、そして先行しているシボレー・Bolt EVなどと、新型リーフのスペックや価格を比較してみようと思います。

sponsored link


新型リーフのボディサイズをライバルと比較

以下の表の数値は、全て米国仕様のものです
計測の基準点が各国で異なるため、日本仕様とは若干の違いがあるかもしれません。

寸法(mm) 新型リーフ 旧型リーフ モデル3 Bolt EV
全長 4480 4445 4690 4166
全幅 1790 1770 1850 1765
全高 1560 1550 1440 1595
ホイールベース 2700 2880 2600

新型リーフのボディサイズは、旧型よりも一回り大きくなりました。
しかし意外なことに、ホイールベースの長さは変わっていません。

一般的なガソリンエンジン自動車の場合は、ホイールベースが同じだと、室内の広さもほぼ変わらないのが普通です。
でもリーフは電気自動車ですから、ガソリンエンジン自動車とは根本的にパッケージングが異なります。
もしかしたら広くなっているかもしれません。
次は新旧リーフの室内の広さを比較してみましょう。

室内寸法(mm) 新型リーフ 旧型リーフ
前席頭上 1046
前席足元 1069
後席頭上 947
後席足元 851 846

やはり室内の広さは、新旧リーフでほとんど変化していません。
後席の足元が5mmだけ前後に広くなっただけですね。

ラゲッジスペースの数値だけは判明していないので、新型リーフは荷室が広い可能性は否定できません。
荷室はリアアクスルの後方にあるので、全長が長い新型リーフならスペースを確保しやすいためです。

新型リーフは旧型より一回り大きくなったにもかかわらず、室内を広くできなかった理由は、電池にスペースを奪われたためだと考えられます

では新型の航続距離はどうなのでしょうか? 次の項目で比較してみます。

目次に戻る

新型リーフの航続距離をライバルと比較

以下の表の航続距離の数値は、すべて米国EPA基準のものです。
EPAの数値は実燃費にかなり近いので、実際に走行させたときの航続距離と大差ないと思います。

車種 バッテリー容量(kWh) 航続距離(km)
新型リーフ 40 264
旧型リーフ 30 172
モデル3 不明 352
モデル3(ロングレンジ) 不明 496
Bolt EV 60 380

新型リーフは一回の充電で、旧型より92kmも長く走れます
モデル3やシボレー・Bolt EVには及ばないものの、日常的に使用するには十分な航続距離です。

モデル3には「ロングレンジ」と呼ばれるオプションのバッテリーパックが用意されていますが、新型リーフにも60kWhの大容量バッテリーを搭載したグレードが存在し、来年登場すると言われています

目次に戻る

新型リーフのパワーをライバルと比較

項目 新型リーフ 旧型リーフ モデル3 Bolt EV
馬力(ps) 149 109 262 204
トルク(Nm) 320 280 不明 360

新型リーフは旧型リーフより40馬力アップ、トルクも40Nmアップしています。
320Nmもトルクが出ていれば、街乗りで不満が出ることは無いはずです。

とはいえパフォーマンスではモデル3が圧倒的ですね。
EVでスポーティーなドライビングをしたいなら、モデル3一択でしょう。

目次に戻る

新型リーフの価格をライバルと比較

アメリカ仕様の価格ですが、日本でもほぼ同じ金額になると思います。

グレード 価格($) 価格(万円)
S 29990 329.9
SV 32490 357.4
SL 36200 398.2

最上級グレードの「SL」には、シートヒーター等の快適装備が装着されます。

また米国仕様のメーカーオプション「テック・パッケージ($2595)」は、自動運転のプロパイロットや、インテリジェントクルーズコントロールエマージェンシーブレーキなどのセットです。

ライバルとの価格比較

車種 新型リーフ 旧型リーフ ioniq EV モデル3 Bolt EV
価格($) 29990 30680 30335 35000 37495
価格(万円) 329.9 337.5 333.7 385.0 412.4
航続距離1km当たりの価格(万円) 1.25 1.96 1.68 1.09 1.08

価格に関しては、ヒュンダイ・アイオニック・エレクトリックも加えてみました。

新型リーフはイニシャルコストが安いですね。
航続距離が伸びているのに、旧型リーフよりも安いのですから驚きです。

しかし航続距離1km当たりで見ると、Bolt EVやモデル3に及ばないことがわかります。
大容量バッテリーを積む車の方が、1km当たりではお得なようです。

Bolt EVのパフォーマンスは際立っているように見えますが、その代わりイニシャルコストが高いですから、新型リーフより優れているとは一概には言えないと思います。

目次に戻る

新型リーフは買いか?

期待に反して室内は広くなっていませんが、新型リーフはEVとしてはかなり安く、旧型リーフユーザーが乗り替えるにはうってつけの車です。

では資金に余裕があるなら、1km当たりの価格が安いモデル3を買うべきでしょうか?
筆者はそう思いません。
なぜならモデル3は全幅が1850mmもあり、日本の道路事情では取り回しに難があるサイズだからです。

新型リーフは日本で普段使いするなら最適な車でしょう。
もはや街乗りで航続距離が不足するようなことは無さそうですし、サイズもちょうど良い上、価格も安いと三拍子そろっています。

新型リーフの航続距離に不安があるという人は、来年出ると噂の60kWhモデルの方を待っても良いでしょう。
しかし遠出する機会が少ない人や、セカンドカーとして通勤や買い物に使うだけなら、9月に発表される40kWhモデルでも十分だと思います。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

-ニッサンの新車情報, 新車情報
-, , , ,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.