他メーカーの新車情報 新車情報

テスラ・モデルYの最新情報 発売は2019年! 新型電動SUVは、モデル3の兄弟車!

2017/08/12

予想CG

電動コンパクト・クロスオーバーSUVであるテスラ・モデルYの発売は、まだまだ先のことだと思われていました。

しかし予想に反し、2019年に登場するというのです。
今回はこれまでに判明している、モデルYの情報についてお伝えします。

画像の出典: autoexpress.co.uk

sponsored link

モデルYのエクステリア

ティザー画像が1枚だけ公開されているだけで、全体像はまだ明らかになっていません。

しかしイーロン・マスク氏は以前、モデルXの小型版になると語っていました。

そうなるとモデルXの「ファルコンウィングドア」も、モデルYに採用される可能性が出てくるわけですが、ファルコンウィングドアはトラブルが多く、モデルXにまつわる悪評の原因となっています

複雑な機構を用いたファルコンウィングドアは高コストですし、比較的安価な電動SUVというコンセプトの、モデルYには相応しくないでしょう。
よってモデルYは、普通のドアになると思います。

目次に戻る

モデルYのシャシー・パワートレイン

当初モデルY専用の新プラットフォームを開発する予定だったのですが、この計画は破棄されました。

その代わり、テスラ・モデル3のプラットフォームを流用し、安価かつ素早く開発する方法を取るようです。

モデル3とプラットフォームが同一ということは、パワートレインもモデル3と同じになるでしょう。
すなわちバッテリーは352kmのスタンダード・バッテリーと、496kmのロングレンジ・バッテリーの2本立てで、パワーは262psになるということです。

配線使用量の大幅な削減

モデルSには、何と10000フィート(3048メートル)もの長さの配線が使われていたそうです。

しかしモデルYでは、わずか328フィート(99.97メートル)の配線で済むと、イーロン・マスク氏は語っています。

配線の大幅な削減は、新しい電気システムのおかげで可能となりました。
これは、今までとは異なる電圧を用いる送電ハードウェアのようです。

配線の短縮技術はモデル3から採用され、コストの圧縮と軽量化に貢献しています。

目次に戻る

モデルYの価格・発売時期

2019年に登場します
モデル3の生産が一段落したころに、モデルYを投入する計画なのでしょう。

価格についてはまだ不明です。
しかしモデルXの新車価格は、モデルSの2割増しなので、モデルYとモデル3の価格差も同じくらいだと考えると、モデルYの予想価格は42,000ドルとなります。

しかしモデルYはテスラ製SUVのエントリーグレードですから、42,000ドルはいくらなんでもちょっと高すぎですね。
おそらく40,000ドルを切るくらいの価格設定になると思います。

目次に戻る

sponsored link

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

Category: 他メーカーの新車情報, 新車情報
Tag: , ,

戻る