BMWの新車情報 新車情報

BMW M3 CS F80型最後にして最強のM3がついに登場!【11/8更新】

更新日:

BMWM3 CSを発表しました。
次期型であるG20型の登場を間近に控えている、現行3シリーズ最後にして最強のモデルです。

今回はM3 CSの概要についてお伝えします。

sponsored link


M3 CSの変更点

パワーアップしたS55型エンジン

標準のM3には、431ps・550NmのS55B30A型エンジンが搭載されています。
M3コンペティションでも、450ps・550Nmです。

M3 CSのエンジンも型式は同じなのですが、パワーとトルクは460ps・600Nmにまで引き上げられました。
これはM4 CSに搭載されているものと同じ仕様です。

これにより標準のM3からは29ps、M3コンペティションからは10psアップしています。
トルクも標準のM3およびM3コンペティションから、50Nmも向上しました。

ギアボックスは7速デュアル・クラッチ・トランスミッションで変更はありません。

マフラーは、M3コンペティションのものが装着されます。
スタンダードなM3より抜けの良い「Mスポーツ・エキゾースト・システム」は、迫力あるエキゾーストノートを響かせてくれるはずです。

軽量化とパワーアップによって、M3 CSの0-100km/h加速は3.7秒となります。
標準のM3は4.1秒、M3コンペティションは4.0秒ですから、0.3〜0.4秒の短縮です。
最高速も250km/hリミッターが解除され、280km/hになっています。

軽量化された車体

M3 CSは、標準のM3から大幅に軽量化されています

ボンネットとルーフをカーボンファイバー製のものに置き換えるなどの改良によって、車重は1585kgとなっています。

標準のM3やM3コンペティションの車重は1640kgですから、55kgもの軽量化に成功しているのです。

とくにボンネットは、標準のものから約25%も軽くなっています。
ルーフも5kg軽くなりました。

シャシー性能の向上

M3コンペティションのアダプティブMサスペンションが標準装備されています。

ダイナミックスタビリティコントロールや、アクティブMディファレンシャルも同様に標準装備です。

M4 CSと同様に、ゴールドキャリパーのカーボンセラミックブレーキ(フロント:6ポット リア:4ポット)が装備されています。

タイヤはミシュラン・パイロットスポーツカップ2、ホイールは軽量な鍛造アロイです。

内外装

エクステリア

フロントスプリッター、リアディフューザー、リアスポイラーはすべてカーボン製となり、軽量化に貢献しています。

ボディカラーはアルパインホワイトが標準です。
他にはサンマリノブルーメタリックライムロックグレーメタリックフローズンダークブルーⅡメタリックブラックサファイアメタリックなどが用意されています。

スパイショット
M3 CSと思しきテストカー。
ボンネットやフロントスプリッターはカーボン製に置き換えられる。
ホイールはM4 CSと同じ鍛造10スポーク。
リアスポイラーにも擬装。こちらもカーボン製になるはず。
マフラーも変更されるようだ。

上掲5画像の出典: autoevolution.com

インテリア

アルカンターラが惜しみなく使われています。

内装に使われているメリノレザーは、シルバーストーン/ブラックの2トーンです。

シートはM3コンペティションと同じく、Mスポーツシートが標準装備されています。

目次に戻る

価格・発売時期

M3 CSは、世界限定1200台の販売となります。
そのうち550台はアメリカで、100台はイギリスで販売されるので、日本に入ってくる台数は以外と少ないかもしれません。
英国でのデリバリーは、来年3月からとなります。

英国価格は86,380ポンドですから、1ポンド=150円換算だと1295.7万円となりますが、日本価格はもっと高くなるはずです。

ちなみに日本におけるM4とM4 CSの価格差は、440万円ほどでした。
M3も同様だとすれば、M3 CSの日本価格は1625万円程度になるでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-BMWの新車情報, 新車情報
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.