Audiの新車情報 新車情報

アウディ新型RS7スポーツバック 700馬力オーバーのプラグインハイブリッドも!

更新日:

新型A7スポーツバックが発表されましたので、その高性能グレードである新型RS7スポーツバックの開発も進んでいます。

アウディスポーツGmbHが手がける新型RS7には、同社初となるプラグインハイブリッド(PHEV)モデルもラインナップされる予定です。
ちなみにRS7のPHEVは、700馬力オーバーだというのですから驚きですね。

今回は新型アウディRS7スポーツバックの最新情報と、スパイショットをお届けします。

sponsored link


エクステリア

スパイショット

左右のバンパーダクトやスプリッターのステー部分が異なる。
試作フェンダーが装着されているが、オーバーフェンダーかどうかは不明だ。
ホイール径の割には、ブレーキディスク径は小さい。
バンパー下部はまだ未完成なのか、マフラーがむき出しだ。
マフラー径は当然の如く大径化。車高も低められている。

目次に戻る

パワートレイン

エンジン

エンジンラインナップは、4.0リッター・V型8気筒ガソリンツインターボのみですが、それにモーターとバッテリーを追加したPHEVモデルもラインナップされます。

新型RS7スポーツバックのガソリン仕様は650ps・800Nm、PHEV仕様は700psオーバーになる可能性が高いです。

このエンジンは、ポルシェ・パナメーラターボ(550ps・700Nm)で使われているものと同じものですし、PHEVのシステムもポルシェ・パナメーラターボS E-ハイブリッド(680ps・850Nm)と同一ですが、新型RS7スポーツバックのパワー・トルクは、それらを上回るものになるようです。

ポルシェ・パナメーラターボS E-ハイブリッド

トランスミッション

ギアボックスはガソリン仕様とPHEV仕様のどちらも8速Sトロニック(DCT)で、駆動方式はおなじみのクアトロ(4WD)です。

ガソリン仕様は0-100km/hを4秒以下PHEVは同3.5秒でこなします。
最高速は190mph(305.7km/h)オーバーになるでしょう。

目次に戻る

シャシー

RS7スポーツバックには、新型アウディA8と同じ、MLB Evoプラットフォームが採用されています。

アウディ 新型A8

新型RS7スポーツバックは、パナメーラのMSBプラットフォームを使っていないにもかかわらず、同じパワートレインを採用しています。
このような芸当は、モジュラープラットフォームならではですね。

目次に戻る

価格・発売時期

新型の価格は不明です。
現行型は1781万円からとなっていますから、新型も同じくらいになるでしょう。

発売は2018年末を予定しています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アウディ新型A7スポーツバック 優れたテクノロジーは美に通じる

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-Audiの新車情報, 新車情報
-,

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.