F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2017年11月25日) ニューウェイ「メルセデスから誘われていた」

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお送りするデイリーF1ニュース
本日のヘッドラインは以下のとおりです。

  • アブダビGP FP1・FP2の結果
  • ニューウェイ「メルセデスから誘われていた」
  • Haloはドライバーにダイエットを強いる?
  • ザウバー、ドライバーの決定を延期

それではご覧ください。

sponsored link


アブダビGP FP1・FP2の結果

フリープラクティス1の結果
順位 車番 ドライバー チーム タイム
1 5 S.ベッテル フェラーリ 1:39.006
2 44 L.ハミルトン メルセデス 1:39.126
3 33 M.フェルスタッペン レッドブル 1:39.154
4 7 K.ライコネン フェラーリ 1:39.518
5 77 V.ボッタス メルセデス 1:39.741
6 11 S.ペレス Fインディア 1:40.293
7 14 F.アロンソ マクラーレン 1:40.522
8 2 S.バンドーン マクラーレン 1:40.569
9 19 F.マッサ ウィリアムズ 1:40.723
10 3 D.リカルド レッドブル 1:40.773
11 35 G.ラッセル F.インディア 1:41.131
12 8 R.グロージャン ハース 1:41.306
13 18 L.ストロール ウィリアムズ 1:41.581
14 10 P.ガスリー トロロッソ 1:41.646
15 55 C.サインツJr. ルノー 1:41.748
16 94 P.ウェーレイン ザウバー 1:41.752
17 27 N.ヒュルケンベルグ ルノー 1:41.864
18 50 A.ジョビナッツィ ハース 1:42.065
19 9 M.エリクソン ザウバー 1:42.344
20 28 B.ハートレー トロロッソ 1:42.585
フリープラクティス2の結果
順位 車番 ドライバー チーム タイム
1 44 L.ハミルトン メルセデス 1:37.877
2 5 S.ベッテル フェラーリ 1:38.026
3 3 D.リカルド レッドブル 1:38.180
4 7 K.ライコネン フェラーリ 1:38.352
5 77 V.ボッタス メルセデス 1:38.537
6 33 M.フェルスタッペン レッドブル 1:38.894
7 11 S.ペレス Fインディア 1:39.323
8 31 E.オコン F.インディア 1:39.333
9 27 N.ヒュルケンベルグ ルノー 1:39.529
10 14 F.アロンソ マクラーレン 1:39.559
11 19 F.マッサ ウィリアムズ 1:39.635
12 2 S.バンドーン マクラーレン 1:39.671
13 55 C.サインツJr. ルノー 1:40.201
14 18 L.ストロール ウィリアムズ 1:40.329
15 10 P.ガスリー トロロッソ 1:40.694
16 20 K.マグヌッセン ハース 1:41.128
17 94 P.ウェーレイン ザウバー 1:41.270
18 9 M.エリクソン ザウバー 1:41.302
19 28 B.ハートレー トロロッソ 1:41.496
20 8 R.グロージャン ハース 1:41.560

目次に戻る

ニューウェイ「メルセデスから誘われていた」

画像の出典: By Morio (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

レッドブルの優れた空力性能は、エイドリアン・ニューウェイの指導によるところが大きいと言われています。
最近はレッドブルとアストンマーティンのロードカー・プロジェクト(ヴァルキリー)に力を割いていたニューウェイですが、今季序盤にレッドブルが苦戦するとF1への関与を増やし、RB13のスピードを取り戻すことに貢献しました。

そのニューウェイが、2014年にメルセデスフェラーリから引き抜きを受けていたことを明らかにしました。

「2014年には、エンジン規則の変更がありました」とニューウェイ。「私が思うにハイブリッドは、実際にはこのスポーツに何の恩恵も与えていない。私たちはパワーユニットの性能に大きな違いがあるこの状況で、追い詰められてしまった」

「私たちの特定のエンジンサプライヤーにとっては、それが運命じみて見えました。それでかなり落ち込んでしまったんです」

「フェラーリはメルセデスと同様に接触してきました。それは、心を揺り起こすようなものでした」

「しかし私はレッドブルでまだ何も築けていないと思っていましたし、レッドブルで働いていた人たちとチームに対して、家族のような絆を感じていました。クリスチャン・ホーナーとの親しい関係を楽しんでいましたから、家族といるように感じていたんです」

ニューウェイがフェラーリかメルセデスに移籍していたら、もしかするとF1の歴史が変わっていたのかもしれません。
でもそれを食い止めたのが、レッドブルの資金力とか技術力とかではなく、スタッフとの絆だったというのが興味深いですね。
人間関係ってやっぱり大事だと再確認しました。

Source: Newey reveals he turned down approach from Mercedes after 2014 | f1fanatic.co.uk

目次に戻る

Haloはドライバーにダイエットを強いる?

2017年はマシンの大型化により、F1の最低重量は26kgも引き上げられました。
そして来年は頭部保護デバイスのHaloが追加されるので、最低重量がさらに6kg増やされます。

しかしこのHaloが受け止めなければならない負荷(耐荷重量)を考慮すると、Haloを支えるシャシー側のマウントもかなり重くなることが確実なため、6kg程度では収まらない可能性もでてきました。

普通、レーシングカーは規定最低重量以下の車重で仕上げて、その後バラストを積んで最低重量に合わせます。
そうすればバラストの搭載位置で、ハンドリングバランスを調整できるからです。

ところが来年のF1マシンは、Haloのせいで規定最低重量にかなり近い車重で完成することになるので、積めるバラストの量が少なくなります。
つまり、ハンドリングを調整できる幅が小さくなるのです。

そうなると、背が高く、体重の重いドライバーは不利になります。
ただでさえ少ないバラストの量が、体重と相殺されてさらに少なくなるからです。

「背が高く、体重が重い私のようなドライバーにとっては、ちょっとしたペナルティになるだろうね」と語るのは、身長184cmのニコ・ヒュルケンベルグです。

「チームからは既に、私の体重が重すぎるかもしれないと言われたよ。そしてダイエットできるかどうかと聞いてきたんだ。答えはNoさ!」

スーパーGTでもドライバーたちがものすごい勢いでダイエットしていた時期がありましたが、今年から高速化したF1は、肉体への負荷がただでさえ大きくなっているので、ドライバーに負担がかかりすぎるようなレギュレーションにはしないでもらいたいですね。

Source : Halo may disadvantage heavier Formula 1 drivers in 2018 | autosport.com

目次に戻る

ザウバー、ドライバーの決定を延期

今週末に来季のドライバーを発表するとしていたザウバーが、それを延期するそうです。

最近ではザウバーにアルファロメオがジョイントして、完全なるフェラーリのジュニアチームとなるのでは? と噂されていますが、ザウバーのチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは、今のところアルファロメオに関する話題は無いといいます。

ではなぜ延期するのか? ということについてヴァスールは「チームの最優先事項ではない」「たぶんドライバーのためのもの」だと語っていますが、要領を得ません。

おそらくフェラーリ側から何らかのアプローチがあって、決断に時間を要しているのだと思います。
マーカス・エリクソンの代わりにアントニオ・ジョビナッツィとまではいかなくても、FP1だけジョビナッツィを走らせるとか、色々なオプションがあるはずですから。

Source: Sauber delays 2018 driver decision | motorsport.com

目次に戻る

前日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年11月24日)アロンソ「ホンダとの提携に良い思い出などない」

翌日のデイリーF1ニュース
デイリーF1ニュース(2017年11月26日)フェラーリ、予選のタイム差に驚き

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

アドセンス

sponsored link

アドセンス2

sponsored link

関連コンテンツユニット

関連記事

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.