ジェネシス エッセンティアGTコンセプト レトロフューチャーなデザインがかっこいい

2018年3月30日他メーカーの新車情報, 新車情報EV, スーパーカー

ヒュンダイの高級車ブランドであるジェネシスが、ニューヨーク・オートショーにおいてエッセンティアGTコンセプトを発表しました。
電動スーパーカーのコンセプトモデルです。

今回はジェネシス・エッセンティアGTコンセプトの概要についてお伝えします。


エッセンティアGTコンセプトの概要

エクステリア

エッセンティアGTコンセプト。ヘッドライトがボディ側面まで伸びている。
透明なボンネット越しにオンボードサスペンションが見える。
エンジンは無いが、あえてロングノーズにしてあるようだ。
複雑な造形のホイール。タイヤはピレリ製だ。
ストンと後端を切り落としたファストバックは、60年代のレースカーを彷彿とさせる。
テールライトも2本のLEDを左右に配置したのみのシンプルなデザイン。
バタフライドアの開閉は指紋センサーで行う。
屋根はダブルバブルルーフになっている。

どことなくレトロなフォルムですが、2本のLEDで形作られたヘッドライト/テールライトなどは、未来的な印象を醸し出しています。
バタフライドアの開閉機構には、指紋センサーが用いられているようです。
複雑な造形のホイールは、クロノグラフのような魅力を放っていますね。

目次に戻る

インテリア

バタフライドアはルーフ上部までガバッと開く。
昔のスポーツカーのようにシンプルなコクピット。
シートがあまりスポーティーでないのは、コンセプトモデルゆえか。
巨大なワイドスクリーンが広がるダッシュボード。どうせならウッドステアリングにしてほしかった……。
不思議なダブルセレクターレバー。丸いのはタッチパッドか。

シンプルな印象なのは、巨大なワイドスクリーンディスプレイがあるためでしょう。
ほとんどの物理ボタンは取り除かれていて、非常にミニマルなデザインです。

しかしステアリングホイールにある時計の竜頭(りゅうず)のようなボタンや、縦に2本並んだセレクターレバーなどは、いかにもノスタルジックなのですが、インテリアにきちんとマッチしています。

目次に戻る

パワートレイン

電動パワートレインということ以外、ジェネシスは明らかにしていません。
つまりプラグインハイブリッド(PHEV)や燃料電池車(FCEV)の可能性もあるわけですが、航続距離373kmという点から考えると、おそらく電気自動車(EV)でしょう。

最高速は269km/hとアナウンスされています。
EVの最高速としてはかなり高い方ですが、ガソリンエンジンのスーパーカーと比較すると見劣りするのは否めませんね。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath