BMW iX3 航続距離440kmを誇る電動SUV

2018年4月25日BMWの新車情報BMW iX3, EV, SUV

BMW iX3 Prototype

BMWが電動SUV「iX3」のスペックを公表しました。

このページではiX3の最新情報を随時更新中です。

更新情報

パワートレインの情報を追記しました。(2019/12/20)


BMW iX3の概要

エクステリア

コンセプトiX3

X3よりもスッキリとした印象だ

ちなみにX3はこんな顔

ホイールは未来的なデザインだが、好き嫌いは分かれそう

サイドステップは変更されているが、フォルム自体は同じ

リアディフューザーにはブルーのペイント

こちらはX3のリア周り

フロントほどの変化は無い

全体的なフォルムは現行型(G01)のX3と基本的に同じですが、キドニーグリル、フロントバンパー、ホイール、サイドステップ、リアディフューザー、そして各所にブルーの加飾を施すことで、ガソリンエンジン仕様のX3と差別化されています。

ちなみにキドニーグリルはフェイクで、実際には穴が開いていません。
電気自動車には必要がないためです。

ボディカラーは「ムーンストーン・シルバー・マット」という専用色になっています。
未来的な雰囲気が良く出ていますよね。

iX3プロトタイプ

BMW iX3 Prototype
BMW iX3 プロトタイプ

目次に戻る

パワートレイン

BMW 5th Gen eDrive unit

第5世代のBMW eDriveテクノロジーが搭載されています。
全てのパワートレインコンポーネントはBMWグループによって開発され、モーターとバッテリーもBMWグループが所有する施設で生産されるそうです。

モーター、システムエレクトロニクス、そしてトランスミッションは、セントラルハウジングに収められたドライブユニットにまとめられています。
これにより容積と重量が大幅に軽減され、出力重量比は前世代のeDriveと比較して約30%も向上したそうです。モーターの最高出力は286ps、最大トルクは400Nmとなっています。
搭載されるモーターは1つだけで、後輪を駆動します。

フロアに搭載されるバッテリーの容量は、74kWhです。
航続距離はWLTP基準で440kmとアナウンスされています。
前世代のバッテリーと比較すると、セルレベルでの重量エネルギー密度が約20%向上し、使用されるコバルトの割合も2/3に削減することができたのだそうです。

iX3は150kWの高速充電にも対応しており、わずか30分でフルチャージ可能です。

目次に戻る

価格・発売日

BMW iX3 teaser

価格はまだ公表されていません。

生産は中国・瀋陽にあるBMWブリリアンスオートモーティブにて、2020年中に開始されますが、2020年中に発売されるかは不明です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath