自動車文化

フェラーリ250GTOが、カーオークション史上最高額の4840万ドルで落札!

投稿日:

RMサザビーズにおいて、カーオークションの世界最高落札額が更新されました。
フェラーリ・250GTOが、なんと4840万ドル(約53.8億円)で落札されたのです。

今回は250GTOの概要と、落札されたシャシーのヒストリーについてお伝えします。


フェラーリ・250GTOとは?

今回落札された250GTO

250GTOは、フェラーリがインターナショナル・チャンピオンシップ for GTマニュファクチャラーズという選手権に出場するため、ホモロゲーションモデルとして開発されました。
ワールド・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSC)の後釜として、市販車ベースのGT選手権となったため、フェラーリもそれに対応した格好です。

250GTOは、250GTベルリネッタSWBの弱点だった空力を改良し、39台が生産されました。
連続した12ヶ月に100台以上生産するというレギュレーションを満たしていませんでしたが、フェラーリは「250GTOは250GTベルリネッタSWBのバリエーション」だと強弁し、無理やり公認を獲得しています。

エンジンは2953ccのV型12気筒自然吸気で、最高出力は300ps。
ボディにはシリーズ1(1962~63年)と、シリーズ2(1964年)の2種類があります。

3リッターV12をフロントに搭載する。


シリーズ2は滑らかなノーズが特徴。

250GTOは、インターナショナル・チャンピオンシップ for GTマニュファクチャラーズで3連覇(1962~1964)を果たすなど、レースで大活躍しました。

250GTOは、カーオークションのレコードブレーカーとしても知られています。
2014年には3811.5万ドルで落札され、当時の世界記録を更新しました。
今回はそれをさらに1000万ドルも上回る価格で取引されたのですから、驚きです。

目次に戻る

1962年型フェラーリ・250GTO シリアルナンバー3413GT

今回史上最高額で落札された250GTOのシリアルナンバーは「3413GT」で、250GTOとして3番目に製造された個体だそうです。
この車は1962年のタルガ・フローリオにエントリーし、フィル・ヒル(1961年のF1ワールドチャンピオン)がドライブしています。

その後プライベーターのEdoardo Lualdi-Gabardiに売却されました。
彼はイタリア国内のGT選手権で優勝したそうです。
その後彼は2台目の250GTOを購入したため、シリアルナンバー3413GTをGianni Bulgariに売却しています。

Gianni Bulgariは1963年のタルガ・フローリオでクラス優勝(総合4位)、翌64年はBulgari自身のドライブではないものの、やはりシリアルナンバー3413GTの250GTOがクラス優勝しています。

1964年のタルガ・フローリオを走る3413GT

この個体は合計20レースに出場していますが、無事故車だそうです。
1962年製造であるものの、1964年にスカリエッティの手でシリーズ2のボディに換装されています。

250GTOの最高額は?

今回の3413GTは、カーオークションにおける最高額を更新しましたが、250GTOはさらに高額で取引されたことがあります。

2013年にはシリアルナンバー5111GTが5200万ドルで、そして2018年には4153GTがなんと7000万ドルで取引されたと噂されているのです。
250GTOは、今後も史上最高額の車として君臨し続けるでしょう。

目次に戻る

参考サイト

1962 ex-Phil Hill Ferrari 250 GTO sells for world record $48.4m! - autoclassics.com

Ferrari 250 GTO sells for record $70 million (£52m) - autoclassics.com

Ferrari 250 GTO reportedly sells for $52 million, becoming world’s most expensive car - hemmings.com

3413GT 62/apr/30 Ferrari 250 GTO, LHD - barchetta.cc

World Sportscar Championship - en.wikipedia.org

フェラーリ・250GTO - ja.wikipedia.org

Targa Florio 1963, 1964- racingsportscars.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-自動車文化
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.