F1 デイリーF1ニュース モータースポーツ

デイリーF1ニュース(2018年9月1日)エリクソン、DRSのトラブルで大クラッシュ!

更新日:

最新のF1ニュースをコンパクトにまとめてお伝えするデイリーF1ニュース
本日のニュースは以下の3本です。

  • イタリアGP FP1・FP2の結果
  • エリクソン、DRSのトラブルで大クラッシュ!
  • フェラーリCEO「ライコネンの去就は決まっていない」

それではご覧ください。


イタリアGP FP1・FP2の結果

FP1の結果(クリックで拡大)


FP2の結果(クリックで拡大)


トロロッソ・ホンダは、雨となったFP1でこそブレンドン・ハートレーが4位、ピエール・ガスリーが6位と上位につけたものの、ドライのFP2では下位に沈んでしまいました。

ただしベスト・オブ・ザ・レスト(3強以外のチームの最上位)であるエステバン・オコン(フォース・インディア)までは、コンマ5秒ほどの差しかありません。
あと少しタイムアップできれば、入賞を争えるはずです。
雨が降ってくれたら番狂わせが起こると思うんですけどね。

目次に戻る

エリクソン、DRSのトラブルで大クラッシュ!

Marcus Ericsson Escapes High-Speed Roll | 2018 Italian Grand Prix

マーカス・エリクソン(ザウバー)が大クラッシュを喫してしまいました。
ホームストレートエンドでDRSが閉じないというトラブルが発生したためです。
そのせいで彼の車はコントロールを失い、側壁に激突。
事故直前に320km/h以上もの速度が出ていた彼の車は、パーツを撒き散らしながら何度も横転し、ようやく停止したのは1コーナーのはるか先でした。

幸いなことにエリクソンは無事だったものの、実はチームメイトのシャルル・ルクレールにも、同様の症状が出ていたそうです。

「私にも同じ問題がありました」とルクレール。「しかし、私は少し幸運でした。マーカスよりも少しだけ早くDRSが閉じたのです」

ザウバーチームはDRSの問題点を既に発見しており、土曜日のセッションまでに改善する予定です。
これによりパフォーマンスが多少犠牲になるそうですが、仕方がないでしょう。

Source: Sauber to make further DRS changes after Ericsson crash - racefans.net

目次に戻る

フェラーリCEO「ライコネンの去就は決まっていない」

フェラーリのCEOであるルイス・カミッレーリは、キミ・ライコネンの去就について「まだ決断を下していない」と明かしました。

「我々が決断を下すときに、期限というものはない。あなた方は2番めに知ることになるだろう」

「私はキミをよく知っている。彼は長きにわたる親愛なる友人だ。(しかし)意思決定プロセスに関しては、チームの決定だ」

「マウリシオ(アリバベーネ)がチームのプリンシパルだから、最終的には彼が決断を下すだろうが、我々は議論するつもりだ。準備が整ったら、我々は彼(ライコネン)に伝えるだろう」

当のライコネンは、「10年前とは違う走りをしているとは思わない」と語っており、やる気を見せています。
実際、今シーズンのライコネンは好調ですし、チームメイトのセバスチャン・ベッテルとの仲も良好なので、フェラーリから放出する積極的な理由はありません。

ライコネンの後任候補であるシャルル・ルクレールは、今年ルーキーとしてデビューしたばかりです。
2年目にいきなりフェラーリへと移籍し、ベッテルのチームメイトとしてレースするのは、才能豊かな彼であってもかなりハードでしょう。

ルクレールがベッテルに圧倒されてしまえば「ベッテル以下」「チャンピオンの器ではない」と言われてしまいますし、ベッテルと互角に走れても、チーム内の政治抗争(フェラーリのお家芸でもある)に巻き込まれるのがオチです。
もう少し経験を積んでからでも遅くはありません。
来年はライコネンでいくのが無難だと思います。

Source: No decision on Raikkonen says Ferrari CEO - pitpass.com

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

sponsored link

-F1, デイリーF1ニュース, モータースポーツ
-

Copyright© 車知楽 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.