なぜ86よりもロードスターのMT車販売比率が高いのか?

2019年5月20日テクノロジー・業界分析, 批評スポーツカー, ライトウェイトスポーツカー

今日ではマニュアルトランスミッション(MT)が設定されない車種がほとんどです。
新型スープラだって、今のところAT車しかありません。
MT車の比率が減少しているためでしょうが、車好きとしては寂しい限りです。

ところが、現在でもMT車の方が売れている車種があります。
マツダ・ロードスターの場合は、米国で販売されたソフトトップ車のうち、76%がMT車なのだそうです。

では、他のスポーツカーのMT車販売比率はどうなっているのでしょうか?
今回は車種ごとのMT車販売比率から、なぜ車種やブランドによってMT車が売れたり売れなかったりするのかを考えてみます。


トヨタ86のMT車販売比率

トヨタ 86(画像は箱根エディション)

スポーツカーのエントリーモデルとして、今やロードスターと双璧を成していると言っても過言ではないのが、トヨタ 86です。
その86のMT車はどのくらい売れているのでしょうか?

2018年にアメリカで販売されたトヨタ 86のうち、MT車の比率は33%だったそうです。

ちなみにロードスターRFのMT車販売比率は52%ということですから、コンフォート性を重視したロードスターRFよりも、86の方がMT車の比率が少ないということになります。

マツダ ロードスターRF(画像はスポーツブラックエディション)

米国仕様のロードスター・ソフトトップ仕様には2リッターエンジン搭載モデルがあり、86に引けを取らない速さを有していますから、MT車が積極的に選ばれても不思議ではありません。
しかしロードスターRFは2リッターとはいえ足回りが柔らかく、快適性を重視した車です。
そのRFよりも86のMT車比率が低いのですから、よりスポーティーだからといってMT車の販売比率が増えるわけではない、ということなのでしょう。

目次に戻る

ポルシェとフェラーリで異なるMT車人気

近年のポルシェは、MT車の設定を積極的に行っています。
しかし一時期のポルシェはデュアルクラッチトランスミッションのPDKを重視し、MT車のラインナップを徐々に減らしていました。
ピュアスポーツである991.1 GT3(991前期型のGT3)でもMT車が廃止され、PDKのみになっていたほどです。
PDKは重量こそ重いものの、シフトスピードは圧倒的に速いため、MT車が廃止されたのでした。

ポルシェがMT車に回帰するキッカケとなったのは、911 Rのヒットです。
GT3 RSのコンポーネントを流用しつつ、専用に開発されたMTを搭載し、徹底的に軽量化を施した911 Rは、限定911台が発売前に完売するほどの人気を博しました。

ポルシェ 911 R

全く売れなかったフェラーリのMT車

フェラーリもかつてはMT車を設定していたものの、最近はDCTのみです。
フェラーリのMT車が全く売れなかったので、必然的にDCT車のみのラインナップとなってしまいました。
何しろフェラーリ カリフォルニアのMT車が、世界で3~5台しか売れなかったというのですから、MT廃止もやむなしでしょう。

フェラーリ カリフォルニア

目次に戻る

MT車が売れる車種と売れない車種の違い

ロードスターと86、ポルシェとフェラーリ、どちらもスポーティーですし、前者の2台はエントリーモデル、後者の2台は高級スポーツカーということで、価格帯も似ています。
それなのになぜ、MT車が売れたり売れなかったりするのでしょう?

筆者は「純粋主義者」の存在こそが、MT車の売上を左右しているのでないかと思います。
純粋主義者とは一部のポルシェファンを指す言葉で、ダイレクトなフィールがもたらす昔ながらのファン・トゥ・ドライブを愛する人々のことです。
911 Rや、シンプルで軽量な911カレラTなどは、純粋主義者向けにリリースされました。

911カレラT。残念ながら日本仕様はPDKのみ。

軽量でシンプルな構造のMTは、ダイレクトな感覚を得るのに欠かせません。
ロードスターの場合、初代NA型がブリティッシュ・ライトウェイトスポーツの復刻を企図して開発されましたし、造りはシンプルそのものですから、純粋主義者の割合が多いのだと思います。
一方86は、車名の由来があのAE86ですから、カジュアルなユーザーが多いのではないでしょうか。
フェラーリの場合はF1のイメージが強いこともあって、最新技術を好むユーザーの方が多いのだと思います。

つまりスポーツ性能の高さ=MT車の需要の高さということではなく、車種の古典性が純粋主義者を惹き付けることで、MT車の需要が増えるという構図なのではないでしょうか。

目次に戻る

出典・参考サイト

Mazda Says 76 Per Cent Of Miata Buyers Opt For Stick Shifts – carscoops.com

Only A Third Of New Toyota 86s In The US Were Sold With A Manual Last Year – carscoops.com

Ferrari consigns manual gearbox to history – motoring.com.au

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath