BMW新型4シリーズ M4の姿が明らかに

2019年7月13日BMWの新車情報4ドアクーペ, オープンカー, クーペ

BMW 4 Series Coupe

BMW新型4シリーズを発表しました。
G20型・3シリーズに続いてのフルモデルチェンジです。

新型4シリーズには、クーペ、コンバーチブル、4ドアのグランクーペ、そしてM4がラインナップされます。
このページでは新型4シリーズに関する最新情報を随時更新中です。

更新情報

M4のスパイショットを追加しました。(2020/07/07)

M4のエクステリアの項目を追加しました。(2020/06/06)

正式発表に伴い、ページ内容を全面的に更新しました。スパイショットや流出画像、古い更新情報を削除しました。(2020/06/03)

カタログの流出画像を追加しました。(2020/06/01)


BMW 新型4シリーズの概要

エクステリア

画像はクリック(タップ)で拡大できます。

BMW 4 Series Coupe
新型4シリーズクーペ。画像のモデルはM440i xDriveだ。

BMW 4 Series Coupe front
フロント周りは大迫力。こんな車に後ろから煽られたら怖い。

BMW 4 Series Coupe grill
賛否両論のバーティカル・キドニーグリル

BMW 4 Series Coupe headlight
デイタイムランニングライトはウインカーと兼用。

BMW 4 Series Coupe side
フォルムは典型的なファストバッククーペだ。

BMW 4 Series Coupe rear three quarter
斜め後ろから見ると8シリーズっぽく見える。

BMW 4 Series Coupe door open
ドアを開けたところ。ドアの長さは意外と普通。

BMW 4 Series Coupe rear
ワイドなフェンダーが特徴のリア。テールライトは他のBMW車よりも薄型だ。

BMW 4 Series Coupe front top
こちらは430iクーペ。M440i xDriveよりもスリークでかっこいいと思う。

M4のエクステリア

流出画像
BMW M4 leaked
新型M4の流出画像

BMW M4 leaked grill
グリル部分。バンパーのビーム部分には穴が開いておらず、開口面積はかなり小さい。

新型M4の流出画像です。
フロント周りはM440iや430iと異なる独自のデザインとなっています。
バーティカル・キドニーグリルは水平スラットの並ぶスポーティーなデザインに変更されていますが、巨大なグリル面積の割には、開口部の面積は小さいようです。
ボンネットにダクトが開けられているようなので、グリル上部から入った空気をそこから引き抜く設計なのかもしれません。

スパイショット
BMW M4 spyshot front
M4のテストカー。キドニーグリルは流出画像と同じデザインだ。

BMW M4 spyshot front three quarter
ノーズ周りは意外と丸っこい形状をしている。

BMW M4 spyshot side
ブレーキキャリパーは巨大だが、ホイール径はそれほど大きくなさそう。

BMW M4 spyshot rear three quarter
ルーフ部分もカモフラージュされているので、カーボンルーフが採用されるのかもしれない。

BMW M4 spyshot rear
極太のテールパイプが4本並んでいるのは壮観だ。
画像の出典: motor1.com

目次に戻る

インテリア

BMW 4 Series Coupe interior
新型4シリーズクーペのインテリア

BMW 4 Series Coupe cockpit
メーターの液量は12.3インチ。センターコンソールのタッチスクリーンは最大10.25インチ。

BMW 4 Series Coupe front seat
スポーツシートは新開発されたもの。

BMW 4 Series Coupe seat belt
シートベルトガイドの可動域はかなり広そうだ。

BMW 4 Series Coupe door trim
ドアの内張りも上質

BMW 4 Series Coupe rear seat
やはり後部座席は狭そうだが、短時間なら大人でも乗れそうだ。

BMW 4 Series Coupe luggage
リアシートは40:20:40の分割可倒式

先代モデルと比較して、遮音性や遮熱性が向上しています。
オーディオはオプションでハーマン・カードンのサウンドシステムを装備可能です。

目次に戻る

シャシー

新型4シリーズは、3シリーズよりも重心が21mm低いそうです。
また、リアのトレッド幅も23mm拡大されています。
前後重量配分はもちろん50:50です。

サスペンションが伸び切る(縮み切る)ときに減衰力が大きくなる「リフト・リレーテッド・ダンパー」は、新型4シリーズ専用にチューニングされています。
アダプティブMサスペンション(電子制御ダンパー付き)やMスポーツディファレンシャル、Mスポーツブレーキなどもオプションで選択可能です。

目次に戻る

パワートレイン

グレード 燃料 排気量(L) 出力(ps) トルク(Nm)
420i ガソリン 2.0 184 300
430i 258 400
M440i xDrive 3.0 374 500
420d ディーゼル 2.0 190 400
430d xDrive 3.0 286 650
M440d xDrive 340 700

420iと430i以外には、48Vマイルドハイブリッドが搭載されています。
出力の向上幅は11psです。

トランスミッションは全車8速ステップトロニック(AT)となっています。

目次に戻る

運転支援システム

  • 前面衝突警告(ブレーキ入力付き)
  • レーンディパーチャーウォーニング(車線復帰機能付き)
  • スピードリミットインフォ
  • ステアリングアシスタント(オプション)
  • レーンコントロールアシスタント(オプション)
  • アクティブナビゲーション
  • 緊急車線機能(自動形成機能付き)

目次に戻る

価格・発売日

価格はまだ公表されていません。

欧州での発売は2020年10月とのことです。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath