BMW新型4シリーズ キドニーグリルが超巨大化!

2019年7月13日BMWの新車情報4ドアクーペ, オープンカー, クーペ

BMW 4 Series leaked
BMW 新型4シリーズの流出画像

BMW 新型4シリーズの画像が流出しました。
G20型・3シリーズの登場に続いて4シリーズもフルモデルチェンジされるわけですが、正式発表直前にカタログの画像が流出したようです。

新型4シリーズには、クーペ、コンバーチブル、そして4ドアのグランクーペがラインナップされます。
このページでは新型4シリーズに関する最新情報を随時更新中です。

更新情報

カタログの流出画像を追加しました。(2020/06/01)

シャシーの項目を追加し、パワートレイン発売日の情報を更新しました。(2020/05/11)

クーペのスパイショットを最新のものに差し替え、パワートレインの項目を更新しました。(2020/03/19)

予想CGを追加しました。(2020/02/22)

M4のスパイショットを最新のものに差し替えました。(2020/02/19)

流出画像を追加しました。(2020/02/06)

クーペのスパイショットを最新のものに更新し、予想CGを追加しました。また、パワートレインの情報を更新しました。(2020/01/31)

M4のスパイショットを追加しました。(2019/12/07)

グランクーペのスパイショットを追加しました(2019/09/17)

クーペのスパイショット追加しました。(2019/08/15)

クーペのスパイショットを最新のものに差し替えました。(2019/07/19)


BMW 新型4シリーズの概要

エクステリア

コンセプト4

BMW Concept 4 front

新型4シリーズの市販バージョンにかなり近いと言われるコンセプトカーです。
コンセプト4の詳細に関してはこちらのリンク先をご覧ください。

スパイショット

クーペ
BMW 4 Series spyshot front three quarter
新型4シリーズクーペのテストカー

BMW 4 Series spyshot nose
バーチカル・キドニーグリルのインパクトが凄まじい。

BMW 4 Series spyshot side
横から見たフォルムは8シリーズそっくりだ。

BMW 4 Series spyshot rear three quarter
ガーニーフラップ風のリアスポが装着されている。

BMW 4 Series spyshot rear
テールパイプは左右から1本ずつの計2本。

目次に戻る

コンバーチブル
M4コンバーチブルと見られるテストカー

Mモデルだからか、開口部が大きい。

ブルーのキャリパーを装着している。

M4コンバーチブルは4シーターだ。

クアッド・エキゾーストがMモデルの証だ。

M4コンバーチブルと見られるテストカーのスパイショットです。
そのためフロントの開口面積が大きく、ブルーのブレーキキャリパーとクアッド・エキゾーストを装着しています。

目次に戻る

グランクーペ
新型4シリーズグランクーペのテストカー

コンセプト4みたいに巨大なキドニーグリルを装着するのだろうか……

8シリーズグランクーペとは違い、ちょっと寸詰まり感がある。

LEDテールライトはおそらく市販バージョンのものだろう。

テールパイプは左右に1つずつ。よってこのテストカーはM系統のモデルではない。
画像の出典: motor1.com

目次に戻る

M4
BMW M4 Spyshot front
スノーテストを行う新型M4クーペ

BMW M4 Spyshot front three quarter
フェンダーの膨らみがスタンダードモデルよりも少し大きいようだ。

BMW M4 Spyshot side front
大径ホイールの隙間から巨大なブレーキが見える。

BMW M4 Spyshot side rear
全長とホイールベースがすごく長く見える。カメラアングルのせいだろうか?

BMW M4 Spyshot rear
クアッドエキゾーストがM4である証。
画像の出典: motor1.com

新型M4クーペのスパイショットです。
フェンダーがやや大型化されているのがわかります。
また、ヘッドライトは市販バージョンのようです。

目次に戻る

流出画像

BMW 4 Series Leaked front
恐れていた事態が現実に……

その新型4シリーズの画像が流出しました。
上の画像がその流出画像なのですが、やはりキドニーグリルは縦に大型化され、コンセプト4と同様の形状になるようです。

BMW 4 Series Leaked rear
リア周りの流出画像。こちらは他のBMW車と同様のデザインだ。
カタログの流出画像
BMW 4 Series leaked
BMW 新型4シリーズの流出画像

BMW 4 Series leaked
縦長のキドニーグリルは存在感が強すぎる……。

BMW 4 Series leaked
車体のフォルムは非常にかっこいい。

目次に戻る

予想CG

BMW 4 Series rendered by AutoExpress
AutoExpressによる予想CG

BMW 4 Series rendered by AutoExpress
AutoExpressによる予想CG

スパイショットとコンセプト4を参考に作成された予想CGです。
バーティカル・キドニーグリルが強烈な存在感を放っています。

BMW 4 Series rendered by KOAECA.RU
kolesa.ruの予想CG。流出画像を踏まえたレンダリングだ。

BMW 4 Series rendered by KOAECA.RU rear
リアから見た姿は8シリーズに近い。

目次に戻る

インテリア

新型3シリーズツーリングのインテリア

内装はG20型・3シリーズと同様のデザインになるでしょう。

目次に戻る

シャシー

プラットフォームにはCLAR(Cluster Architecture)が採用されます。
汎用性が高いCLARにより、ICE(内燃機関)搭載車両とEV(電気自動車)を同一のプラットフォームで開発することが可能となりました。

より高精度なステアリングとサスペンションの動きを実現するために、追加のボディ補強が施されます。
エンジンルーム内にはストラットタワーブレースが新設され、リアサスペンション周りの剛性も引き上げられているようです。

目次に戻る

パワートレイン

ガソリン車は、430iが2.0リッター・直列4気筒ガソリンターボ(258ps)を、M440i xDriveが3.0リッター・直列6気筒ガソリンターボ(374ps)を搭載します。
その他にエントリーモデルとして420iがラインナップされる予定ですが、最高出力等は不明です。

ディーゼル車は420d、430d、M440d xDriveがラインナップされます。
また、Mパフォーマンスモデル(M440i xDriveとM440d xDrive)には、48ボルトのマイルドハイブリッドが搭載されるそうです。
マイルドハイブリッドにより11ps・20Nmのアシストを受けることが可能となり、燃費と加速性能が向上しています。

M4

M4には、ハイパワーなS58型・直列6気筒ターボエンジンが搭載されるでしょう。
新型はスタンダードなM4で480ps・600Nm、M4コンペティションは510psを発生すると言われています。
駆動方式はスタンダードなM4がRWD(後輪駆動)、M4コンペティションがM xDriveによるAWD(全輪駆動)です。
M4コンペティションにはフロントタイヤの駆動力をカットできる「ドリフトモード」も用意されます。
トランスミッションは8速ATです。

i4

EVi4は、4シリーズグランクーペをベースとなります。
i4は前後のアクスルに搭載されたモーターから、530ps・813NmというM4以上のパワーとトルクを得ることができるようです。
バッテリー容量は80kWhで、航続距離は600kmとなります。

目次に戻る

価格・発売日

価格に関する情報はまだありません。

新型4シリーズは2020年末までにデビューするでしょう。
コンバーチブル等のボディタイプは、クーペのデビューから数ヶ月以内に登場すると言われています。
EVのi4は2021年に登場予定です。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath