シボレー コルベットスティングレイにコンバーチブル追加

他メーカーの新車情報オープンカー, コルベット(C8), スポーツカー

シボレーコルベット・スティングレイコンバーチブルモデルを公開しました。

C8型コルベットは、クーペモデルでも屋根を外せるのですが、人力で外してトランクに格納しなければならないので、自動で開閉可能なコンバーチブルと比較すると、利便性に大きな隔たりがあります。

シボレーによるとC8コルベットはコンバーチブルを念頭に設計されたということで、ハードトップを格納した状態でもトランクには2セットのゴルフクラブを収納できるなど、完成度は非常に高いです。

今回はコルベット・スティングレイ・コンバーチブルの概要をご覧ください。


コルベット・スティングレイ・コンバーチブルの概要

エンジンはクーペと同じく6.2リッター・V型8気筒ガソリン自然吸気(502ps・637Nm)を搭載しますが、コンバーチブルとなったことによる重量増加はわずか36kgに抑えられているため、運動性能に大きな影響は無さそうです。

屋根の開閉は48km/h以下なら走行時でも行えます。
開閉にかかる時間は16秒です。
また、屋根の開閉状態に関わらず、座席後方にあるリアウィンドウを上下させることもできます。

2020 Chevrolet Corvette C8 Convertible – First-Ever Hardtop Corvette Convertible

開始価格はクーペより7,500ドル高いそうですが、それだけの価値はありそうです。
シボレーはC8コルベットの販売台数の半分がコンバーチブルになると予想しています。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath