伝説のスバル インプレッサ22Bに英国で付いたお値段は?

テクノロジー・業界分析STI, WRC, インプレッサ 22B STi Version, スポーツカー

スバル インプレッサ 22B STi Versionといえば、1998年に限定販売された特別なモデルです。
国内では400台限定で販売され、当時の価格は500万円でしたが、あっという間に完売したという伝説があります。

そのインプレッサ 22Bが、イギリスの4 STAR CLASSICSという会社から売り出されました。
価格は99,995ポンド、日本円にして約1,412万円という高額です。
イギリスは10%の関税がかかるとはいえ、新車価格の2倍以上で販売されているという事実が、22Bの人気を物語っていますね。

今回はインプレッサ 22Bの画像と概要をご覧ください。


インプレッサ 22B STi Versionの概要

22BはWRC(世界ラリー選手権)のマニュファクチャラーズタイトル3連覇を記念して発売されたモデルです。
外観は1997年のWRCを戦ったインプレッサWRC’97のレプリカとなっています。

インプレッサ 22B STi Version

GC8型インプレッサはイケメンだと思う。

WRカースタイルのSTiバンパーは、当時多くのWRX乗りが装着していた。

2ドアクーペなので。ボディはかなりコンパクト。

22BはBBS製18インチホイールを装着する。ワークスのWRカーはOZ製だったはず。

このフェンダーの張り出しが22B最大の特徴だ。

巨大なリアウイングが存在感抜群。

22Bの由来は、スポンサーだったタバコブランド「555」を、16進数にしたものだという噂も。

エキゾーストもSTi製だ。

しかし22Bは見た目だけのモデルではありません。
EJ20ターボは2.2リッター化され低速トルクが増し、3,200rpmで363Nm(37.0kg-m)を発生しています。
当時のEJ20ターボの最大トルクが35.0kg-m/4,000rpmでしたから、22Bの低速トルクの太さが窺えますね。

「ガラスのミッション」と呼ばれた5速MTも強化されていますし、クラッチも強化品です。
サスペンションはアイバッハスプリングにビルシュタインダンパーという組み合わせ。
ゴールドのホイールは18インチのBBSです。

インテリアにはSTi製のシートやペダル類などが取り付けられています。

インプレッサ 22Bのインテリア

21年前の車両だが、STi製のスポーツシートはそれほど退色していない。

ナルディ製のステアリングはやや細身。

赤いステッチの施されたギアノブなどはストックの状態を維持している。

シリアル入りのプレートが付属する。上は前オーナーが取り付けたと思われるHKS製のターボタイマー。

スカッフプレートもSTi製。まだピカピカだ。

STi製のペダルは面白い配色。

リアシートもキレイなままだ。

ラゲッジスペースにはマットが敷かれている。

4 STAR CLASSICSで販売中の個体のシリアルナンバーは196/400ということですが、22Bは実際には424台生産されているのだとか。
この個体の走行距離は41,287kmだそうです。
かなりキレイな個体なので、1,412万円という値段も当然なのかもしれません。

日本の中古車市場でもわずかに出回っていますが、ほとんどが1,000万円前後か、もしくは価格応談となっています。
スバルがWRCで築き上げた伝説と同じく、22Bの価値も色褪せることはないのでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath