ヘネシー・パフォーマンスのC8コルベットは1200馬力オーバー!

チューニングスポーツカー, スーパーカー

HPE C8 Corvette front

ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング(HPE)が、C8コルベット用のアップグレード・プランを発表しました。
C8コルベットZR1は900psになると噂されていますが、HPEのプランでは何と1217psを発生します。

今回はHPE・C8コルベットの概要をご覧ください。


HPE C8コルベットの概要

HPE C8 Corvette front
HPE C8コルベット

HPEはいくつかのチューニング・プランを用意しています。
ライトチューン仕様ではステンレス製エキゾーストシステムの装着によって、出力がわずかに向上するようです。
もちろん排気音も良くなります。

C8コルベットが搭載しているスモールブロックV8に、スーパーチャージャーを追加するプランでは、コンピュータのチューニングと合わせて710psまで出力が向上するそうです。
ノーマルが502ps(Z51パッケージ装着車)ですから、200ps以上のパワーアップとなります。

HPE C8 Corvette rear

そして最もパワフルなプランは、1,217ps仕様の「HPE1200」です。
このプランでは過給器がツインターボとなり、ピストンは鍛造アルミ(圧縮比10.0:1)、コンロッドも鍛造スチール製に置き換わります。
この仕様ではトランスミッションも強化されるようです。

HPE C8 Corvette rear three quarter

また、フロントスプリッター、エアダム、リアウィングなど、カーボン製のエアロパーツも提供されます。
シャシーの面でも、調整可能なペンスキーサスペンションやブレンボブレーキシステムのアップグレード、ホイールおよびタイヤのアップグレードが提供される予定です。

HPEは2013年以降、500台を超えるC7コルベットをアップグレードしてきたのだとか。
C8コルベットはかなりのお値打ち価格で販売されているので、HPEのアップグレードを施したマシンが数多く生み出されるに違いありません。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

Posted by dangoliath